子どもの遊び中に起こり易いトラブルとその対処法は?お友達との上手な関わり方を学ばせよう

同年代の子どもが居る場所で一緒に遊ばせたいけど、トラブルになったらと考えてしまうママもいると思います。 そこでママ友トラブルになったしまったらどうしよう。 ママ友と気まずくならないためにも子どもの遊びについてと上手なかかわり方を教えます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/01 公開 | 218 view

子どもの遊び中に起こり易いトラブルとその対処法は?お友達との上手な関わり方を学ばせよう

子どもがお友達と遊びだすのっていつから?

 (70469)

赤ちゃんにとって自分と目線が合う、予測不能な動きをする同年齢の子どもは、魅力的に見えます。
一緒に遊ぶということで社会性が生まれてあの子のマネをしたいとか心も体もいっぱい刺激してくれる貴重な存在。
しかし、1歳ぐらいではまだ自分と他人の区別があいまいなのです。
言葉によるコミュニケーションや決まりの理解ができないので大人の考えるような仲良く遊ぶということが難しいのです。
この時期は、なにか他の子どもとトラブルがあると困るからと心配するのではなく、お友達と遊ぶ練習をしていると思って、気楽に遊ばせてあげましょう!
大人でも初対面の人といきなり仲良くするのは難しいと思いますので、まず一緒の空間で家族以外の人がいるのに慣れることが必要です。
一緒に遊ぶことができなくてもそういった場所に慣れさせるために同年齢の子がいるところに行ってみましょう!
また、一緒に遊ぶとなるとおもちゃの共有が必要になってきます。
ダンボール箱やつくえなど大きいものだと、一緒に触ったり、たたいたり、もぐったりして遊べるので取り合いになってしまうことはありません。
工夫して遊ぶことができるので想像力も育まれます。
また周りの子どもが声を出していると一緒になって声を出して遊んだり、声を共有することも一緒に遊ぶためのステップです!

★ママと離れるのが嫌な0歳のころ

 (70549)

2~3ヶ月頃から赤ちゃんは、「あー」「うー」といった声を出すようになります。
0歳後半になると、ママの言葉に反応したり、声を出したり、簡単なやり取りをできるようになる子もいます。
しかし、まだ自分と他のことの区別があいまいです。
だれのものという所有意識がまだありません。
同年齢の子どもに興味が出てくる時期でどんどん遊びたがる子もいますが、ママから離れたくないという子どもが多いです。
同じ空間にいて遊んでいてもそれぞれが興味のあることで遊ぶので一緒に遊ぶのは、まだ難しい時期です。

★お友達として認識し始める1歳のころ

 (70548)

ママの言葉がだいぶ理解できるようになってきます。
言われたことを行動にうつせる子もいます。
意味のある言葉を話せる子もいますが、同年齢の子と言葉のやりとりをするのは、まだ難しい時期です。
頻繁にあったり、遊んだりしている子は、お友達として意識できるようになります。
所有意識はまだありませんが、おもちゃを取った、取られたが増えてくる頃。
おもちゃを取った子に対してそれを見ていた子が、「ダメ」と怒ったり、たたいたり、子どもなりにルールがわかってくるようになり、貸してあげようねと声をかけると貸してあげなくちゃという意識が出てきます。

★言葉の理解が進む2歳のころ

 (70554)

同年齢のこと言葉でのやりとりができるようになってきますが、スムーズなやりとりはまだ難しいです。
言葉の理解がさらに進んでルールも理解できるようになってきます。
イヤイヤ気でいうことを聞かない子もでてきます。
自分と他の子どもの存在を理解し始めて自分のものとお友達のものの線引きができるようになります。
2歳後半になるとお友達がおもちゃで一緒に遊びたいと言ってることもママが促せば、お友達の気持ちを考えられる子もでてきます。

子どもの遊びにトラブルはつきもの!

 (70476)

同年代ぐらいの子どもを遊ばせるのにトラブルはつきものです。
でも、赤ちゃんはまだ他の人との関わり方を知らないので、他の子どもを傷つけようとは決して思っていません。
トラブルが起きてしまったからといってママは、感情的にならずに優しく「貸してねって言おうね」「おもちゃをとってしまってごめんね」などと赤ちゃんの代わりに手本を見せましょう。
自分の子どもや相手の子どもに冷静に対応すれば、相手のママとも気まずくならずにすみます。
その繰り返しから人との付き合い方をだんだんと学び、社会のルールが身についてきます。
事前にトラブルを起こさないように防ぐことも良いことですが、まずは見守るということを基本に考えましょう。
保育所や幼稚園、小学校に入ると自分たちで解決する力が絶対に必要になってきます。
トラブルが起こることを恐れずに友達と遊ぶという練習をたくさんさせてあげましょう!
24 件

この記事を書いたライター