赤ちゃんの便秘はいつから始まる?正しい対処法やマッサージ方法でうまく乗り切ろう!

何日も赤ちゃんのうんちが出ていない!これってまさか便秘なの!と不安に思うママやパパも多いですよね。でも赤ちゃんの便秘、実はよくある話なのです。また、ただうんちが出ないからと言って、便秘とは限りません。そこで便秘の詳しい症状やなりやすい時期をはじめ、お家で簡単にできる対処法やマッサージのやり方なども詳しく解説!さらに病院を受診する目安など、赤ちゃんと便秘に関すること全てをまとめました。この記事を読んで、一気に不安を解消しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/06 公開 | 28 view

赤ちゃんの便秘はいつから始まる?正しい対処法やマッサージ方法でうまく乗り切ろう!

赤ちゃんはどんな状態だと便秘なの?

Baby Girl Cap - Free photo on Pixabay (147888)

何日もうんちが出ないけれど、これってもしかして便秘かも?と不安に思っているママやパパもいるかもしれません。では赤ちゃんが便秘の時の特徴を詳しく見ていきましょう。

・うんちをするとき真っ赤な顔で苦しそうにしている
便秘だとうんちが固くなってしまうので中々出てこず、真っ赤な顔をして苦しそうにしているときは便秘の可能性が高いです。また赤ちゃんがしたうんちが、明らかに固そうなときも便秘の印なので覚えておいてくださいね。

・機嫌が悪く食事やミルクの量が減っている
赤ちゃんはお腹にうんちが溜まると苦しくて、不機嫌だったり食事やミルクの量が減る傾向にあります。何をしても機嫌が悪く泣いている、いつもより食べたり飲む量が減ったら、それは便秘のサインです。

・下腹部が張っている
赤ちゃんのお腹がいつもより明らかに張っている(ポッコリ)していて、何日もうんちが出ていないときは便秘の可能性が高いです。ただしミルクを飲んだ後などはお腹がポッコリするので、空腹時にチェックしてくださいね。

赤ちゃんが便秘になりやすい時期は?

 (147891)

赤ちゃんの便秘、一体いつ頃からなりやすくなるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

離乳食が始まる5~6ヶ月頃から便秘になる赤ちゃんが多い

生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を始める赤ちゃんも増えてきますよね。そんな離乳食、食べ始めることで一時的に母乳やミルクの量が減ってしまうこともあります。水分が減少すると、今までたっぷり水を含んでいた便が固くなりやすくなることで、便秘気味になってしまうのです。

また離乳食初期の時は腸が未発達な赤ちゃんのために、すりつぶしたものなど消化の良いものを与えます。ただ消化の良いものは、うんちの元となるカスが少ないです。元が少ないとうんち自体の量も少なくなるので、便秘だと感じる原因の一つなのです。

新生児期から便秘が始まることも!

赤ちゃんによっては新生児期から便秘気味だという子もいます。特に仰向けでずっと寝ている新生児は、運動不足になることも!運動不足になるとうんちのときうまく気張れず、便秘になることがあるのです。

また母乳より粉ミルクの方が便秘になりやすい傾向にあります。なぜなら母乳は粉ミルクよりも「乳糖」が多く含まれています。この乳糖は腸にいる善玉菌を刺激し、うんちをスムーズに輩出してくれる手助けをしてくれるからです。

お家でできる便秘解消法は?

 (147893)

赤ちゃんの便秘は、お家でもケアすることができます。ではどんな方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

水分をしっかり取る

水分量が減ると、うんちも硬くなり便秘になりやすくなります。特に離乳食が始まると、ミルクの飲みが悪くなることがあるので、麦茶や白湯などをこまめに与えてください。

またオリゴ糖もおすすめです。オリゴ糖は善玉菌を増やし腸を活発にしてくれます。与え方は、粉末状のオリゴ糖を白湯に混ぜて飲ませます。1日0.5~1g程度を目安に与えてくださいね。
39 件