二世帯住宅のスタイルとオススメなところを知ろう!

二世帯住宅のスタイルはどんな暮らし方があるのか?分離同居・共有同居・融合同居それぞれのメリットとデメリットを紹介します。同居、隣居、近居暮らす形はその家庭・環境により様々なスタイルがありますよね。将来訪れる家族構成の変化も考えながら、ローンについても検討しその家庭に合ったスタイルを見つけ二世帯住宅の暮らし方を考え良い生活につなげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/06 公開 | 282 view

二世帯住宅のスタイルとオススメなところを知ろう!

二世帯住宅のスタイルとオススメなところを知ろう!

Free photo: Render, Graphic, Architecture, 3D - Free Image on Pixabay - 1477041 (15039)

二世帯住宅のスタイルを理解してそれぞれの家庭に合った二世帯住宅の形を考えてみよう!
では二世帯住宅のスタイルはどんな暮らし方があるのか?分離同居・共有同居・融合同居それぞれのメリットとデメリットを紹介します。同居、隣居、近居暮らす形はその家庭・環境により様々なスタイルがありますよね。将来訪れる家族構成の変化も視野に入れてどんな生活が自分の家庭に合っているのかを考えてみましょう。
まずはどんなスタイルがあるのか、二世帯住宅のメリットは何なのかを考えること今後の生活にも大きくかかわってきます。
自分の家庭に合った暮らし方を考えることが出来ればより良い生活を送ることが出来ます。

二世帯住宅のスタイルはどんなものがあるのか?

Free photo: Residential Street - Free Image on Pixabay - 708063 (17192)

まずどんな暮らし方があるのか?
同居、隣居、近居暮らす形はその家庭・環境により様々なスタイルがありますよね。
みんながみんな同じスタイルではなくその家庭に合ったそれぞれの住まいの暮らし方があることをまず理解しましょう。
自分の家庭に合ったスタイルを考えてみましょう。

大きく分けて二世帯住宅には三つのスタイルがあります。
分離同居・共有同居・融合同居この三つのスタイルにもメリットとデメリットがあります。
では二世帯住宅のオススメな点はどこでしょうか。

二世帯住宅のメリット

Free photo: Parents, Family, Children - Free Image on Pixabay - 1342348 (17190)

親世帯、子世帯にとってもたくさんのメリットがある二世帯住宅、たとえばどんなことがメリットなのかを紹介します。

・留守にしていても安心。
・外出しても子供の面倒を見てくれる。
・預けやすい。
・子育てを経験している親がそばにいることで育児で頼りになる。
・子供の教育にいい。
・家の文化を伝えることが出来る。
・子育てや家事を助け合えることが出来る。
・孫の顔をすぐに見せることが出来る。
・家族のコミニュケーションが増える。
上記のように二世帯住宅のいいところはたくさんあります。
二世帯住宅のメリットが分かったら次は自分の家庭に合った二世帯住宅のスタイルを考えてみましょう。

分離同居・共有同居・融合同居それぞれのメリットとデメリット

Free photo: Family, People, Car, Looking - Free Image on Pixabay - 932245 (15980)

二世帯住宅では分離同居・共有同居・融合同居の大きく分けて三つのスタイルがあります。
それではそれぞれの二世帯住宅のメリットを紹介します。
ではそれぞれの二世帯住宅のメリットとデメリットを考えてみましょう。

「分離同居」
・メリット
住まいを完全に分離して、各世帯が独立した生活空間。
仕事により生活する時間帯が大きく違ったり、プライバシーを尊重したい家族や敷地に余裕がある家族が住んでいるスタイル。
建築コストが割高になり、広い敷地も必要になってきます。
ただ、一緒に暮らす安心感はあるが各世帯のプライバシーは保てるので理想の形では多いですね。
・デメリット
建築費用についてはメリットが少ないこと、他のスタイルより土地やスペースが必要になってきます。

「共有同居」
・メリット
一部の空間を共有している。
玄関やキッチン等一部の共有する空間を設ける住まい方。食事の好みが違うからキッチンだけを別にしたり、浴室を分けたいなど好きな空間だけを別にすることである程度の距離感もあり適度にプライバシーや独立性を保ちながら二世帯住宅にするメリットもある為現実志向のご家族に支持さています。
・デメリット
共有同居ではどのスペースに各世帯のプライバシーを求めるかによって、計画が大変になる。

「融合同居」
・メリット
二世帯がひとつの屋根の下で暮らす。
リビングやキッチンなど基本的な生活空間をすべて共有し二世帯が一緒にくらす日本の昔からのスタイル。
子世帯が共働きで親世帯が育児のサポートをしてくれたりにぎやかな生活をしたい方、敷地に余裕がなかったりする家族にも支持されています。
・デメリット
プライバシーの確保が難しく、価値観やライフスタイルが違うため時にはゆづりあいも必要になってきます。

二世帯住宅の税制のメリットと資金計画

Free photo: Write, Plan, Business, Startup - Free Image on Pixabay - 593333 (17185)

二世帯住宅では建物の登記法方も考えましょう。一階と二階部分など、親子世帯それぞれ専有部分の出資額に応じた登記を行うことを考えましょう。各世帯で住宅ローン減税を受けられる税制面のメリットがあります。しかし課税対象となる宅地部分の評価額が減税される適用部分が減ることもあります。資金計画についても建物の登記もしっかり考えていくことが大事になるのではないでしょうか。
税制面のメリットがわかれば資金の計画も立てやすくなりますね。
二世帯住宅にしたいと思ってもどうしても問題に上がってくるのがやはりお金の問題です。
二世帯住宅のスタイルも考えながら資金計画もしていくことが大事になってきます。
ローンを組むのも大事な問題ですね。
では次にローンについてご紹介します。
21 件

この記事を書いたキュレーター