予防接種で副反応が起こる理由は?副反応の症状ともしもの時の対処法

みなさん子供の予防接種の知識はありますか?赤ちゃんはたくさんの予防接種をしなくてはいけません。もし副作用が起こってしまったら、ママやパパは戸惑ってしまいますよね。そんな時対処法を知っていると役立ちます。もしもの時に備えて予防接種について把握しておく事が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/14 公開 | 519 view

予防接種で副反応が起こる理由は?副反応の症状ともしもの時の対処法

予防接種の副反応とは?

Free illustration: Syringe, Pill, Bottle, Morphine - Free Image on Pixabay - 1884784 (33068)

生後二ヶ月頃から始まる予防接種。たくさんの種類を打たなければいけないので、2、3種類を同時摂取したりと子供は大丈夫なのかママは心配になりますよね。そこで気になるのが副反応です。予防接種後に発熱や注射した箇所が腫れたりなどのワクチンと関係が無いとは言えない症状を副反応と言います。軽度の場合は良いですが、重度の副反応を起こしてしまうと入院なんて事もあり得るのです。
しかし、予防接種は打たなければいけません。もし、自分の子供が予防摂取後に体調を崩してしまった場合、ママやパパが何も分かっていないと戸惑ってしまいます。副反応の場合は、適切な対処が必要になります。ここからは、副反応についての症状や対処法を紹介していきます。

副反応が起こる理由

Free illustration: Hatena, Think About, Question - Free Image on Pixabay - 1184896 (33744)

予防接種後に発熱などの副反応が起こるのはなぜでしょうか。予防接種は細菌やウイルスなどの感染症にならないように、なっても症状が軽度ですむようにする為に必要なのです。そのため赤ちゃんや子供に病気にかからないよう、ワクチンで免疫をつけてあげなければいけません。そうすると、一時的に感染したのと同じ様に体が反応して発熱したりなどの副反応を起こす事があります。ワクチンの種類によっても副反応は異なります。

副反応の代表的な症状

Free photo: Doctor, Medical, Medicine, Health - Free Image on Pixabay - 563428 (33745)

副反応の代表的な症状にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的な症状は、発熱や倦怠感、下痢、嘔吐、接種箇所の腫れ、かゆみなどがあります。このような症状が現れたら副反応と考えて良いでしょう。副反応は軽度なものであれば、心配はありませんが、なかなk症状が改善されないなど重度な場合もあります。上記以外の身体の異変があり、少しでも気になる症状が出た合は医師に相談してください。

副反応の熱か体調不良の熱か見分ける方法は?

Free photo: Fever Thermometer, Thermometer - Free Image on Pixabay - 1935504 (33746)

予防接種後の発熱といっても、体調不良の熱だという事もあります。赤ちゃんは熱を出しやすいので素人からしたら、どうやって見分ければいいのか分からないママは多いでしょう。素早く対処する為にも、どのような熱かを見分ける必要があります。副反応による発熱には特徴があります。
予防接種後から翌日にかけて熱が37.5℃以上出てしまった。発熱だけで、風邪のような症状がない。3日目までには熱が下がる。予防接種後、2日以内に下痢をする。これらに当てはまると、副反応の場合があります。

3日以上高熱が続く場合や、水分が取れない場合は、他の病気にかかっている可能性があるので、病院へ受診しに連れていきましょう。ワクチンの種類によっては、副反応が重篤になってしまう場合があるので良く子供を観察する事が大切です。

副反応が起こりうる期間の目安

Free photo: Calendar, Wall Calendar, Days, Date - Free Image on Pixabay - 1990453 (33747)

予防接種後副反応が起きていないか、どのくらいの期間子供を観察すればいいのでしょうか?生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドによって期間は異なります。それぞれワクチンの特徴を知っておくといいでしょう。
46 件

関連する記事