実はメリットも意外とある!二世帯同居を成功させる秘訣と心構え

結婚相手から親との二世帯同居をお願いされたら、あなたならどうしますか?旦那さん側の両親との同居、奥さん側の両親との同居どちらもあり得ますが、今回は圧倒的に多い、そしてikumama読者のママにとって大変な、旦那さん側の両親との二世帯同居について考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/15 公開 | 1552 view

実はメリットも意外とある!二世帯同居を成功させる秘訣と心構え

二世帯同居はストレスがたまる?

Free photo: Ache, Adult, Depression, Expression - Free Image on Pixabay - 19005 (35856)

二世帯同居、つまり親との同居はストレスがたまると敬遠されることが多いです。
そもそも別々の環境で育ってきた者同士が一緒に暮らすことは、夫婦であってもストレスがたまるものです。
まして、親となれば年長者で目上の存在であり、世代が違うことで感覚も大きく違います。
自分の親であれば、言いたいことも言えるし、相手にどんな風に思われるだろうと気にすることもありません。
しかし、旦那様のご両親となるとそうもいかないですよね。
何か言いたいことがあっても遠慮して言えない、疲れていてもキチンとしていなければと思ってしまう、自分の息抜きの時間を作りにくい、自分の家なのにくつろげない・・・
こうなってしまうと、どんどんストレスがたまって、いつか爆発してしまうかもしれません。

二世帯同居で起こる問題や失敗する原因

Free vector graphic: Emoticons, Emotions, Smilies, Faces - Free Image on Pixabay - 154050 (35899)

二世帯同居で起こる問題とその原因について考えてみましょう。

まず、プライバシーの問題があります。
夫婦の寝室や自分のクローゼットなどは、あまり人に覗かれたくない場所ですよね。
しかし世代の違う人にはそういった感覚がない場合もあります。
はっきりと「やめてください」と言えればいいのですか、なかなか難しく、問題になることが多いようです。

それから、生活していく上でどうしても必要な、食費や光熱費の負担もトラブルのもとになる場合があります。
例えば、実家にそのまま一緒に住む場合は光熱費は親世代が支払うことが多いと思いますが、親の視線が怖くて冷暖房や電気を使いづらいなどの状況になりがちです。
食費は買い出しに行く人が払うとすると、かたよりが出て不公平感が募ってしまうでしょう。

子供のしつけや教育に関しても、教えてもらいたいことはあるけれど、あまりに口を出されるとウンザリしてしまいますよね。

こういったことには、なるべく一緒に住み始める時にルールを決めてしまった方がいいでしょう。
後になると言いづらいことでも、最初に念のためルール化しましょうという形なら提案しやすく、角が立ちません。

二世帯住宅かそうでないかでも変わる

Free vector graphic: House, Residence, Blue - Free Image on Pixabay - 1429409 (35898)

二世帯住宅とは、一般的にどんなものなのでしょうか。
同一棟の建物に,典型的には親子孫の3世代にわたる2世帯の家族が世帯を別にして住む住宅。三世代住宅とも。それぞれの居室以外は設備を全て共用するタイプから,台所・浴室・トイレ・玄関などを別にするタイプ,完全独立であるが上下など隣接して住むタイプまでさまざまである。
ひとつの建物の中に一緒に住むのでも、いくつかタイプがあるのですね。
介護を必要とする場合や、親が一人で心配という場合等は、居室以外はすべて共有するタイプが良いでしょう。
そうでなければ、台所やお風呂、トイレ、玄関など、プライベートな場所を別にする方がトラブルを回避できるでしょう。
例えば玄関を一緒に使うと、外食やママ友とのランチや飲み会、息抜きで出かけたい時もあるのに、「また出かけるの」と思われるのが嫌で行きづらい・・・
そんな悩みが出てくるかもしれませんが、玄関を別々にしていれば、家の出入り自体が分かりにくいので、気兼ねすることなく出かけられますよね。
経済的に余裕がある場合は、二世帯住宅を考えてみてくださいね。

実はメリットも意外とある

Free photo: For Reading, Granny, Grandmother - Free Image on Pixabay - 813666 (36126)

これまで二世帯同居でマイナスになることばかりを見てきましたが、実はメリットだってたくさんあります!

・仕事をしやすい
 子育てと家事をしながら働くのは大変なこと。
 家に家事や子供の送り迎えを頼める人がいたら働きやすいですね。

・子育てに協力してくれる
 子育てをしていると、迷うことや不安になることがたくさんあります。
 子育て経験者が家にいるのは、とても心強いものです。
 子供が2人以上いる場合も、上の子の用事で出かけなければならない時に下の子をお願いできるので、託児所等に預けるよりも安心ですよね。

・子供にも良い影響がある
 おじいちゃん、おばあちゃんのいる賑やかな家庭で育つことは、子供の心の成長にとても良い影響をもたらします。
 精神的なこと以外にも、礼儀を覚えたり、大人との付き合い方を自然と身につけられるようです。

・金銭的に助かることが多い
 実家に同居するなら、ある程度お金は渡すにしても、家賃や住宅ローンよりは安くすむことが多いです。
 生活費についても、助けてもらえる場合が多いよう。
 子供のおもちゃなどは進んで買ってもらえることが多いので、甘えてしまいましょう。

・病気の時に安心
 自分が病気になった時、親がいないと無理して家事や子供の世話をしなければなりません。
 親にある程度頼めたら、治るまでゆっくり休むことができますね。

二世帯同居を成功させるための秘訣は?

32 件

関連する記事