赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?選び方と人気アイテムTOP5を一挙ご紹介!

最近よく見かける赤ちゃん用のレッグウォーマー。靴下とは違い、体温調節が上手く出来ない赤ちゃんにとっては、とても便利な防寒アイテムだって知っていましたか?今回はそんなベビーレッグウォーマーの選び方や必要性、さらに人気のアイテムまで一挙にご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/15 公開 | 1844 view

赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?選び方と人気アイテムTOP5を一挙ご紹介!

赤ちゃんにレッグウォーマーは必要?不要?

Free photo: Baby Feet, Baby, Rest, Feet, Kid - Free Image on Pixabay - 2612403 (103271)

赤ちゃんがよく足につけている「レッグウォーマー」。ママやパパが子供のころは、レッグウォーマーよりも靴下が定番アイテムだっただけに、「レッグウォーマーって必要なの?」なんて思ってしまいますよね。しかし、体温調節が苦手な赤ちゃんにとっては、とても便利なアイテムなんですよ。
寒い冬の時期は防寒対策として。暑い夏の時期は、室内の冷房対策として使うママも多いんです。絶対に必要なベビーグッズではありませんが、あるととっても便利♡そんなレッグウォーマーについて詳しくご紹介していきます。

レッグウォーマーはどんな時に使うの?

Free photo: Question Mark, Why, Problem - Free Image on Pixabay - 2123967 (103272)

レッグウォーマーと言うと、冬にしか使えないのでは?と思ってしまいますが、実は年間通して活躍出来るアイテムなんです。赤ちゃんにレッグウォーマーを使う用途は大きく分けて以下の2通りあります。

①防寒対策として使う

レッグウォーマーの基本的な使い方として、まずは防寒対策が挙げられますね。冬場の冷えだけでなく、夏はエアコンのきいた室内での冷え対策としても使われます。
寒い季節なら、ズボンとの重ね着で足元を温かくしてあげましょう。
暑い季節に使うなら、短いズボンやスカート、ロンパースに合わせて足元を冷えから守ってあげましょうね。

②膝のサポーターとして使う

ハイハイが始まると、赤ちゃんの膝が床と擦れて傷にならないか心配になりますよね。デリケートなお肌の赤ちゃんは、ちょっと擦れただけでも傷になったり、赤くなったりしてしまうので、気をつけてあげなければなりません。
そんな時に活躍するのが、レッグウォーマー。防寒対策としてだけでなく、膝のサポーターとしても赤ちゃんに付けてあげましょう。

靴下よりレッグウォーマーの方が赤ちゃんに良い理由

Free photo: Child, Children, Fun, Baby - Free Image on Pixabay - 3046491 (103273)

レッグウォーマーってホントに必要?と思うママの多くは、靴下で代用出来るのでは?と思う方がいます。しかし、実は足の先までスッポリ覆う靴下よりも、足先が出るレッグウォーマーの方が赤ちゃんには良いのです!足先が出ると、余計に冷える気もしますが、一体なぜなのでしょう?その理由を詳しくご紹介します。

◆体温調節の妨げになってしまうから…

赤ちゃんがお部屋で過ごす際、寒いからと言って靴下を履かせない方が良いと言われているのはご存知ですか?

実は、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、手のひらや足の裏で熱を放出することによって体温を調節しているのです。その為、靴下で足先を覆ってしまうと、放熱が阻害されてしまい体調を崩しやすくなってしまうと言われています。

足元を温かくしてあげるつもりが、靴下の中で汗をかいてしまうと、逆に足を冷やしてしまうことになります。赤ちゃんは、大人とは違って普段から体温も高いので、大人と同じ感覚で考えてはダメと言うことですね。
57 件