妊娠糖尿病と診断されたらどうしたらいいの?食べたいときの食事やおやつレシピもご紹介

「妊娠糖尿病を防ぐために、体重管理を頑張ってください」と、お医者さんから言われた方も多いのではないでしょうか?しかし、妊娠糖尿病と言われても、よく分からないですよね。そこで本記事では、妊娠糖尿病についてと、妊娠糖尿病と診断された際におすすめのレシピを5つ紹介します。おすすめのレシピはいずれも糖質オフのレシピなので、妊娠糖尿病と診断された方はもちろん、妊娠中の体重管理を頑張っているママや、糖質制限ダイエット中の方も活用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/12/13 公開 | 54 view

妊娠糖尿病と診断されたらどうしたらいいの?食べたいときの食事やおやつレシピもご紹介

妊娠糖尿病とはどんな病気なの?

Pregnant Mother Body - Free photo on Pixabay (168205)

妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見された糖代謝異常で、妊婦の7~9パーセントに発症するといわれています。妊娠前から、糖尿病と診断されていた場合や、妊娠中に「明らかな糖尿病」と診断された場合は、妊娠糖尿病には当てはまりません。

妊娠糖尿病の詳しい原因は分かっていませんが、胎盤からインスリンの働きを抑制するホルモンがでることにより、妊娠していないときより、血糖値が高くなると考えられています。
また、初期の自覚症状はほとんどないため、産院での検査により発覚することが多いです。

妊娠糖尿病はどうやって判定されるの?

Diabetes Blood Sugar Diabetic - Free photo on Pixabay (168207)

初診時~10週までと、中期(妊娠24週~28週)に血糖検査を行い、陽性であった場合はブドウ糖負荷検査を行います。
そこで、下記3点のうち、1点を満たすと妊娠糖尿病と診断されます。

1.空腹時(ブドウ糖を飲む前) 92㎎/dl以上
2.ブドウ糖を飲んでから1時間後 180㎎/dl以上
3.ブドウ糖を飲んでから2時間後 153㎎/dl以上

2010年から、妊娠糖尿病の判断基準が厳しくなったことから、妊娠糖尿病だと診断される方は約4倍になったともいわれています。

妊娠糖尿病は赤ちゃんやママに影響があるの?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (168385)

妊娠糖尿病と診断された場合、心配になるのが赤ちゃんやママに対する影響ですよね。

ママに対する影響
・帝王切開率の上昇
・妊娠高血圧症候群
・流産、早産
・羊水多可
・感染症の併発

赤ちゃんに対する影響
・巨大児
・子宮内胎児脂肪
・新生児低血糖
・小児糖尿病
など

妊娠糖尿病の影響を聞くと、とても怖いイメージをもってしまうと思います。妊娠中にキチンと検査をし、血糖コントロールに励んだ結果、母子ともに健康な状態で出産された方は沢山います。
赤ちゃんのためにも、お医者さんと相談して、適切な行動をとってくださいね。

妊娠糖尿病になったら何に注意したらいいの?

Salad Plate - Free photo on Pixabay (168387)

妊娠糖尿病と診断された場合でも、赤ちゃんのために必要な栄養をとったり、負担にならない運動をする必要があります。決して無理をせず、お医者さんに相談して行ってくださいね。また、こちらで紹介している食事や運動は、妊娠糖尿病と診断されていない方にとっても、予防や体重管理に役立ちますので参考にしてみてくださいね。

食事
塩分を控えた、栄養バランスのよい食事をカロリーや血糖値に気を配りながら、摂取しましょう。
血糖値の乱高下を防ぐためには、1日の食事量は変えずに、回数を増やす、分割食が有効です。

運動
運動療法は、血糖コントロールに効果を発揮する可能性がありますが、妊娠中ですので、必ずお医者さんと相談して実施するようにしてくださいね。食事の前後30分は避けて、リフレッシュもかねて行ってください。


食事や運動によって、目標の血糖値に到達しなかった場合は、インスリン注射による治療を行います。

妊娠糖尿病中でも食べたいときのお助けレシピ5選

どうしても甘いものを食べたい!を叶える ノンフライヤードーナツ

レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド (168437)

【材料】
アーモンドフラワー
ベーキングパウダー
ココアパウダー
ステビア

絹ごし豆腐
ココナッツオイル

妊娠糖尿病になると、真っ先に禁止されそうなドーナツを低糖質で作れるなんてびっくりですよね。豆腐や卵でタンパク質をしっかりとれるのも魅力です。
28 件