【赤ちゃんの平熱】何度くらい?月齢で違う?測り方は?知っておきたいアレコレ徹底解説!

赤ちゃんの平熱ってどれくらいか知っていますか?平熱を知っていれば、赤ちゃんの体調管理にとっても役に立つのです。平熱を知るための測り方や高い低いの判断など解説していきます。加えておすすめの体温計もご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/17 公開 | 507 view

【赤ちゃんの平熱】何度くらい?月齢で違う?測り方は?知っておきたいアレコレ徹底解説!

赤ちゃんの平熱って?

 (109072)

平熱とは健康な状態(平常時)の体温のことを指しています。この平熱を知っておけば、体調のサインをみつけるのに役立ちます。

新生児期の赤ちゃんで【36.7℃~37.5℃】くらい、乳幼児とされる時期で【36.8℃~37.3℃】くらいが平均とされています。赤ちゃんは大人よりも少し高めですね。

37℃を越えていると大人だったら『微熱かな?』となりますが、赤ちゃんの場合は37℃を越えていても平熱の範囲だったりします。
もちろん、個人差がありますので、平熱高めの子も平熱低めの子もいます。わが子の平熱がどれくらいなのか知っておきたいところです。

平熱を知っていれば、体調の変化による体温の変化にも気がつくことができますものね。

赤ちゃんの平熱◇月齢で違う?

 (109073)

赤ちゃんの平熱は月齢ごとに違いがあるということではないようです。新生児期は自分で体温の調節をするのが苦手です。そのため、外的要因でカラダに熱をため込みやすい状態になります。例えば着ている服の枚数や室温、お布団などです。

その他、自分でカラダを動かして体温を上げるということができないので、胎児期から備わっている『褐色脂肪』を使ってカラダを温めます。この状態の時期は体温が高めなのだそうです。
この作用は1歳ごろまで続くため、新生児期が特別というわけではなさそうです。

ただ、月齢が上がっていく中で、自分でカラダを動かすことができるようになったり、汗腺が発達してきたり、平熱(体温)は安定していきます。

月齢で平熱(体温)が違うというのではなく、安定していくと考えた方がいいかもしれません。

赤ちゃんの平熱◇正しい測り方

 (109078)

赤ちゃんの平熱を知るためには、正しく測ることが大前提です。測り方を間違うと正しい結果は得られません。
体温を測るときは【脇に挟むんで測る・耳で測る】これが一般的ですよね。では、この一般的な測り方の方法をチェックしてみましょう。
体温計の使い方に関しては、体温計付属の説明書を確認しておきましょう。

脇に挟んで測る

①脇の下をサッと拭いてあげる
②やや下から上に向かって一番体温が高い脇の中心部分にあたるように体温計を挟む
③腕ごと抑えるように固定して計測

赤ちゃんは汗っかきですから、脇の汗をふいて水分をとってから計測を開始します。脇が湿った状態だと正確に体温を測ることができないのだそうです。
また、脇の下の中でも一番体温が高い部分に体温計の先端を当てることで体温を測るので、体温計の向きにも注意をしてください。
体温計を挟んだら腕ごと固定して計測しますが、抑えつけすぎると赤ちゃんも痛いし嫌がってしまうことがあるので、体温計が落ちたりズレたりしない程度に加減しましょう。

測り方は、寝かせたままでも、膝に座らせた状態でもどちらでも大丈夫です。

泣いてしまうと、体温が上がって正確に計測できないので、できれば泣かないで測れるといいですね。
 (109077)

耳で測る

①耳をキレイにしておく
②耳の上部を少し後ろ側へ引っ張り、耳の穴をまっすぐに。
③プローブを耳の穴に沿って入れ計測。

耳あかが溜まっていたり、汚れていると正確に測れないことがあるそうです。まずは、耳の掃除が必要なようですね。
プローブを入れすぎないように注意が必要です。奥まで入れすぎたり、赤ちゃんが動いてしまって鼓膜が傷ついてしまうなどのトラブルを防ぐためです。

また、耳で測る場合は脇で測る場合より少し高めの結果が出ることを知っておかなくてはなりません。

赤ちゃんの平熱◇測るタイミング

41 件