赤ちゃんにミルク以外の飲み物はいつから?ママの気になる飲んでもOKな物や上手な飲ませ方

赤ちゃんはママの母乳やミルクで水分を補給していますが、いつまでも母乳やミルクで水分補給をするわけにもいきません。ベビー用品売り場には、赤ちゃん用の飲み物が多く展開されていますが、どのタイミング与えたら良いものか悩んでいるママも多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんに母乳やミルク以外の飲み物はいつ頃から与えても大丈夫なのか、月齢毎に分けてご紹介します。また、飲ませても良い飲み物やおすすめ商品も紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/30 公開 | 953 view

赤ちゃんにミルク以外の飲み物はいつから?ママの気になる飲んでもOKな物や上手な飲ませ方

赤ちゃんの水分補給!母乳ミルク以外の飲み物は必要?

 (81516)

赤ちゃんがある程度大きくなってくると、母乳やミルク以外の水分補給が必要なのでは?と疑問に思うママもいらっしゃるのではないでしょうか。
現在五ヶ月で、昨日から離乳食スタートしました。離乳食以外は、完母です。
昨日は、初めて風呂上がりに白湯を飲ませました。
ただ、 一体いつ、どのくらい赤ちゃんに飲み物をあげれば良いのか分かりません。
基本的に離乳食が始まる生後5~6ヶ月頃までは、母乳やミルク以外の飲み物は赤ちゃんには必要ないと言われています。

母乳やミルクは、赤ちゃんの栄養面だけではなく水分補給も補填してくれているため、しっかり授乳が出来ている子なら、母乳やミルク以外の水分を摂取しなくても脱水症状に陥る心配はありません。

しかしこれだけを聞くと、あげなくても良いのだと解釈してしまいますが、決して与えていけないというわけではなく、生後1ヶ月頃になれば赤ちゃん用として販売されている水分を飲ませることが出来ます。
実際、ベビー用品売り場に行くと、生後1ヶ月頃からと記載されているイオン水やお茶が多くありますよね。

赤ちゃんが産まれてから生後3ヶ月くらいまでは何を飲ませる?

 (81517)

赤ちゃんにとって必要な栄養も水分も、母乳やミルクにはたっぷり含まれています。
そのため、生後3ヶ月までは母乳やミルクのみでも問題はありません。

ミルク育児の際は、直接お湯が出るサーバーや、沸騰したお湯を冷まして使用することが多いと思います。
そのまま赤ちゃんの身体に吸収されるものなので、使用するお水も安心出来るものを使用するようにしましょう。

また、母乳育児のママは、睡眠不足や肉体的疲労で母乳の出が悪くなったり、赤ちゃんに母乳を与えているため水分不足に陥りやすいので注意が必要です。
そのため、ママ自身が十分な水分補給を行うことが大切です。

母乳はママの摂取した水分を元に作られるので、飲み物にも気を遣わなければなりません。

赤ちゃん生後3ヶ月から半年までは何を飲ませる?

 (81518)

生後3ヶ月~6ヶ月までも、基本的には母乳やミルクを優先して与える形で問題ありません。
この時期もしっかり授乳出来ていれば、脱水症状になる心配もないため、母乳やミルク以外の水分は摂っても摂らなくても問題ないようです。

ただ、暑い季節やお風呂あがりでたくさんの汗をかいた場合は、補助感覚の水分補給として白湯や赤ちゃん用の水などを与えても構いません。

生後4ヶ月から麦茶に挑戦するのがベスト

 (81519)

生後4~5ヶ月頃になると、赤ちゃんは家族がご飯を食べる様子を見て、食べる真似をして口をもぐもぐしたりする行動を起こします。
母乳やミルクの味しか分からないと、離乳食がスムーズに進まないなんてこともあります。
そのため、離乳食の準備としてこのタイミングで赤ちゃん用のお茶にチャレンジしてみるのもおすすめです。

初めての味に最初は嫌がってしまう赤ちゃんも多いと思いますが、お風呂あがりや汗をかいたあとなど喉が渇いているタイミングで、少量ずつ与えて様子を見てみましょう。

離乳食の開始に合わせて飲み物を少しずつ…

54 件