乳幼児検診ってなに?受診前に準備しておくことってあるの?

乳幼児検診とは正式名称を「乳幼児健康診査」といい、生まれてからの赤ちゃんの健康状態をチェックするものです。住んでいる自治体によって検診の回数が異なりますが、3歳までに2度必ず検診を行うことが法律で義務付けられています。ここでは、検診を受ける前に知っておきたいことをまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 34 view

乳幼児検診ってなに?受診前に準備しておくことってあるの?

乳幼児検診って何?

Free photo: Baby, Sleeping Baby, Baby Girl - Free Image on Pixabay - 784608 (32740)

赤ちゃんは日々成長します。特に、生後すぐの新生児期、乳児期、さらに小学校入学までの幼児期は、体も心もぐんぐん育つ時期。この大事な期間の健康状態をチェックするために行われるのが乳幼児の検診です。検診で病気などが早期に発見できることもありますし、発育や発達に合わせて指導を仰ぐこともできます。
また、検診は親御さんにとっても大切なものです。子どもを育てていれば、わからないことが出てきたり、これでいいのか不安になったりすることが多いもの。検診に行って、医師や保健師などの専門家に質問することができます。もしも気になることがあったら、専門の相談機関を紹介してもらえますので安心です。
また、検診では同じ年齢の子どもが集まりますので、待ち時間などに、親御さん同士で情報交換をすることもできます。検診は、子どもと親御さん、双方の健康を維持するために重要な機会でもあるのです。

乳幼児検診っていつするの?費用は?

Free photo: Medical, Appointment, Doctor - Free Image on Pixabay - 563427 (32741)

検診には定期検診と任意検診の2種類があります。法律で定められている1歳半と3歳の時に行われるのが定期検診です。こちらは公費で受けられるので、費用はかかりません。検診の時期になると、住んでいる自治体から自宅宛てに案内が届きますので、子どもを連れて検診を受けます。
そのほかの検診は自治体によって異なりますが、生後1か月め、生後半年めなどに任意で行われます。おもに自治体の指定した医療機関で行われます。費用は市区町村で負担するところと、自費のところがありますので、任意検診を受ける際に確かめておくと良いでしょう。

乳幼児検診ではどんなことをするの?

Free photo: Nurse, Medicine, Doctor, Hospital - Free Image on Pixabay - 2019420 (32744)

検診の内容は、基本は身体測定と問診、それと診察です。身長と体重を計測した後、保健師による問診が行われ、医師が診察をします。問診では事前に問診票を書いていく場合が多く、成長度合いで気になることがあったら問診時に質問できるようになっています。
このほかに、月齢に合わせてチェック項目が変わっていきます。たとえば1歳半検診では保健師による離乳の状況の調査や、歯科の検診が行われます。歯科検診では地域の歯科医師に、生えはじめの歯の状態の確認や歯磨きの指導をしてもらえます。ほかにも目や耳、栄養状態の診査が行われることがあります。成長や発達の状況によって、助言や指導をもらうことができるのです。

乳幼児検診ってなんだか大変そう…

Free photo: Bored, Female, Girl, People, School - Free Image on Pixabay - 16811 (32748)

乳幼児にとって検診は大切なもの。ですが、子どもにとっても連れて行く親御さんにとっても、大変な一大イベントでもあります。なぜなら検診は日時が指定されています。自治体によって様々ですが、平日の午前または午後が多いようです。朝早くから、もしくはお昼寝にかかりそうな午後から検診となると、しっかり準備をしておかないと、親も子も疲れてしまいます。検診が終わるまでは、待ち時間も含めると2~3時間かかると思っていた方が良いでしょう。大人でもしんどいのですから、子どもにとっては相当なストレスです。お気に入りのおもちゃや絵本を持ってきて、待ち時間も楽しく過ごせるようにするなどの工夫をしましょう。
また、たとえば午後からの検診であれば、少し早めにお昼寝をさせて、眠くてぐずることのないようにすれば、だいぶ子どもの機嫌も変わってくるはず。もしも、検診の日に親御さんや体調が悪くなったり、子どもが熱を出した等でどうしても検診に行けない場合は遠慮なく自治体に相談して、別の日に検診を受けるようにしましょう。

乳幼児検診の前に準備することは?

Free photo: Stroller, Elephants, Mascots, Toys - Free Image on Pixabay - 1678232 (32751)

検診に行くまでに大切なのは、現時点での子どもの成長を親御さんが把握しておくことです。問診票をチェックしながら現在の状況を整理しておくと良いでしょう。ただ、問診票の項目によっては、今できること、できないことがあるかもしれません。たとえば「言葉が出てきているか」などです。あくまでも問診票の項目は目安ですので、気にしすぎないようにしましょう。
また、検診の当日になると、どうしても子どもも親も疲れますので、問診や診察でも「あれ、何か聞きたいことがあったような…」となってしまうことがあります。質問したいことはメモしておいて、当日持っていくことをおすすめします。検診を利用して、上手に育児の不安やストレスを解消したいものですね。
15 件

関連する記事