楽ちん!食べるだけで痩せるキャベツダイエットの成功方法と効果をご紹介 (page 2)

「キャベツダイエット」色々なダイエット方法がある中で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 本当にキャベツを食べることでやせることができるのか? どうしたら成功するのかとその効果を徹底解説!! 今日からでもスタートできるキャベツダイエットについて詳しくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/05 公開 | 359 view

楽ちん!食べるだけで痩せるキャベツダイエットの成功方法と効果をご紹介
 (16169)

キャベツダイエット失敗する人の特徴は?

 (16187)

キャベツダイエットは、簡単なのですがそれでも失敗する人もたくさんいます。
失敗してしまう人の理由で多いのは、キャベツばかり飽きて食べれずに辞めてしまった、時間をかけて良く噛んで食べていない、ドレッシングやマヨネーズを使いすぎているなどが考えられます。
効果がすぐにみられなくて諦めてやめてしまう人もいますが、何事も長く続けるということが大切だと思います。
一気に痩せてしまうようなダイエット方法は、一気にリバウンドがきて残念な結果になってしまうものなので1~2か月は続けてみて様子をみましょう。
そしてたくさんキャベツを食べればいいと言うことではなく、よく噛むということが大切なのであまり噛まずにキャベツの食べる量だけ増やすなどキャベツしか食べないという人は、体重が減るどころか増えてしまうこともあります。
そしてキャベツのカロリーは、低いですがドレッシングは、カロリーが高いです。
かけすぎてしまうとカロリーが跳ね上がってしまい失敗へつながります。
ドレッシングのかわりにオリーブオイルをかけるのは、効果的だと思います。
オリーブオイルダイエットというダイエット方法もあって大さじ1.5杯摂取するだけで体が無意識に食事量を減らして体重を減少させるようにするというものです。
きつい運動や食事制限しなければいけないというものではないので、一度オリーブオイルをかけてみるのもおすすめです。

成功するためのポイントとは?

 (16205)

失敗された人もいますが、長期的にキャベツダイエットを続けて10キロ近く体重を落とすことに成功した人もいます。
普通のダイエットなど痩せたいという人は、食事を我慢して食べないということに我慢ができなくなり、やめてしまう人が多いと思います。
しかし、キャベツダイエットは食前にキャベツを食べることで満腹感を得ることができるので自然と食事量を減らすことができて食べたいものを我慢するというストレスがなく、キャベツの食べ方を毎日工夫すれば飽きることなく続けることができるのです。
ダイエットを成功させるには、早く結果を求めるのではなく長い目でみることが大切です。
そしてキャベツだけを食べるのでは、栄養が偏ってしまって体にとって必要な炭水化物やタンパク質が入っていないため失敗してしまいます。
炭水化物はとりすぎると太ってしまいますが、たんぱく質は豆腐や肉、牛乳、魚などから1日70g程度とらないと効率よく脂肪が燃焼しないように人間の体はできているのです。
なので低カロリーなものしか食べないということは、食事が偏ってしまっているので1番太るのです。
ダイエットを成功させるには、長期間続けていけるような色んな工夫と自分なりの努力が大切なのです。

色んなキャベツの種類と特徴をご紹介

 (16225)

寒玉(冬キャベツ)

夏に種をまいて冬に収穫する品種で冬キャベツと呼ばれています。
一番市場に出回っているのがこのキャベツだと思います。
加熱しても煮崩れしにくいのでロールキャベツや煮物に使うのがおすすめです。
コールスローなどに使っても甘みがありおいしいです。
歯触りが硬めで色が白いのが特徴です。

春玉(春キャベツ)

秋に種をまいて春に収穫するので春キャベツと呼ばれています。
新キャベツとも呼ばれています。
巻きが緩く葉が柔らかく、中の方まで薄い色がついているのが特徴です。
この春キャベツは、生食に適しています。
サラダなどにして食べたり、浅漬けにしたり油でいためたりしてもいいでしょう。

丸玉(グリーンボール)

グリーンボールというキャベツは、球形で名前の通り綺麗な緑色をしています。
葉はしっかりと巻いていますが、中まで薄い緑色で厚く甘みがあって柔らかいのが特徴です。
また普通のキャベツよりも多く栄養が含まれています。
42 件

この記事を書いたライター