虫歯がなくても歯医者に連れて行くべき?子供が歯医者を怖がらないように準備したいこと

歯医者に行くタイミングっていつでしょう?痛みを感じて虫歯が進行してしまったからでは、治療が怖くて、子供が歯医者嫌いになってしまいます。子供が歯医者を怖がらないように、親が家で準備できることがあるのではないでしょうか?定期検診を習慣づけて虫歯を早期発見できるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/20 公開 | 164 view

虫歯がなくても歯医者に連れて行くべき?子供が歯医者を怖がらないように準備したいこと

いつ頃から子供を歯医者に連れて行くべき?

 (37361)

皆さんは歯医者さんに定期的に行っていますか?歯医者はこわいですか?
子供の時に歯医者さんにどのようなイメージを持っていましたか?

虫歯になってから歯医者に行くと、治療が伴うので、痛みを伴ったり、たとえ痛みが大きくなくても音や器具を見ただけで恐怖心がうまれます。

痛みを感じる前、なにも問題がない時に、定期検診というかたちで歯医者に行って置く習慣があれば、歯医者に対する恐怖心はなくなります。

子供の時から、なんの問題もない時から、定期的に歯医者に通うことはメリットがたくさんです。

虫歯や歯の問題を早期に発見してもらえる

一旦できた虫歯は治療しないと治りません。長く放置すればするほど悪化します。
初期で見つかった虫歯の治療は簡単にすみますし、痛みも少なくて済みます。
また、将来的に歯科矯正が必要な場合などのアドバイスもしてもらえます。

歯磨きの仕方やケアの方法を教えてもらえる

磨き残しがあるところや、上手に磨けてないところを、子供に上手に教えてくれる歯医者さんも多いです。子供に慣れている歯医者さんを探して、子供が自分でも歯のケアがしっかりできるように指導してもらいましょう。

子供が歯医者に対する恐怖心を持たずに済む

きっと、これが一番のメリットかもしれません。
子供にとって、こわいという気持ちは大人以上に大きくて、コントロールするのが難しいもの。
歯医者に行くのがこわい、と思うことは、治療の妨げにもなって、結局治療に時間がかかって悪循環に陥ってしまいます。
問題のない時から、検診を続けることで、歯医者に対する怖さを持つ必要がなくなります。

⭐️乳歯が生え始めたら、歯医者を受診してみましょう!

私の子供は3歳になった位の時に、歯医者に通い始めましたが、乳歯が生え始めたくらいから通うことを勧める歯医者さんも多いようです。
また、上の子供やママやパパが検診に行く時に、一緒に連れていくことで、歯医者の雰囲気に慣れるメリットもあるようです。でも、ひどい虫歯の治療などの時に連れていくことは、恐怖心をあおって、逆効果になるのでやめましょう。

歯医者ってこわいところ?子供にどう説明する?

 (37362)

歯医者に通う前にはママにも心構えが必要です。
「なーんにも痛くないよー」「口をあーんってするだけだよ」「絶対になにもされないよ」などと、根拠なしに安心させることをいうのは避けましょう。
定期検診の場合は「歯が大丈夫かどうか見てもらおうね」などと、なぜ歯医者に行くのかという目的をはっきりと説明してあげましょう。
虫歯治療の場合は「このまま放っておくと大変なことになって、もっと痛くなるから、いまのうちに治療しようね。がんばろうね」と励ましてあげましょう。痛かったら、先生にいうことはできること、痛み止めや麻酔などの可能性もあるので、必要以上に我慢しなくてもいいことを伝えて、子供を安心させましょう。

また、ほかのことで子供を叱った時に、「歯医者に連れて行くよ!」などと、脅し文句の代わりのように歯医者を使うことは絶対にやめましょう。
34 件