誰でも可能性が!?妊娠初期の流産と稽留流産について知っておこう!

妊娠初期で多くの人が気になっているのが流産ですよね。妊娠したらまず最初に出てくる不安なのが流産の問題です。今回はそんな流産について調べてみました。稽留流産は危険な場合もあるので是非参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/06 公開 | 351 view

誰でも可能性が!?妊娠初期の流産と稽留流産について知っておこう!

妊娠初期の流産で悩んでいない?

フリー素材の検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (17092)

妊娠と言えば嬉しい事なのですが、どうしても不安も一緒に出てきてしまいます。
妊娠で一番多い悩みなのが流産とされています。
妊娠初期に引き起こされる流産のほとんどは、母体の状態に関係なく引き起こされるものが多いのです。
まずは誰にでも引き起こされる流産について知っておきましょう。

誰にでも引き起こされる流産とは

フリー素材の検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (17365)

流産とは妊娠21週までの時期に何かの原因によって流れ出てしまう現象の事です。
22週目以降では流産ではなく、早産という形になります。
この流産の確率は一般的な数字だと10~15%程度の確率があります。
流産の多くが、妊娠初期と言われる時期に多くあります。
流産を経験してしまうとどうしても自分を責めてしまいがちになってしまいますよね。
しかし、妊娠初期の流産の多くは染色体の異常によって上手く細胞分裂できなかった偶発的なものなので母体の状態に関係なく引き起こされてしまいます。
これは人間の自然の摂理なので仕方がないものなのです。

妊娠初期の流産で考えられる原因は?

フリー素材の検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (17093)

妊娠初期に引き起こされる流産の多くは先ほど少し触れました受精卵の染色体の異常です。
染色体に異常が引き起こされてしまうと、受精卵は正常に細胞分裂を行う事が出来ません。
このような染色体の異常は受精した時点から流産が引き起こされる事が確定していると考えても問題ありません。
流産で自分を責めてしまう人も多いと思いますが、妊娠初期での流産はこの染色体異常が多くを占めています。あまり責めないで、もっと良い環境を作って待っておこうという気持ちが重要です。
フリー素材の検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (17095)

流産の兆候として知っておきたい症状が
◆不正出血
◆腹痛
◆腰痛
◆お腹のハリ
◆基礎体温の低下
が考えられます。
これらが引き起こされたからと言っても必ず自然に流産が引き起こされるというわけではありません。
妊娠初期の場合では、胎児が正常に育っているとしてもこのような症状が引き起こされる事があります。
症状が引き起こされた時には、一度産婦人科を受診して状態を確認してみましょう。

また、このような症状が全く引き起こされない稽留流産といわれるものがあります。
これはお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまっていますが、お腹に赤ちゃんはいる状態のままなので自覚症状が引き起こされないのです。

知っておきたい稽留流産のあれこれ

フリー素材の検索結果 | ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (17094)

稽留流産のもっとも特徴的な事が、症状が引き起こされない事です。
出血や腹痛などの自覚症状があれば、早期に発見する事が可能です。
稽留流産の場合には赤ちゃんの心臓が止まっていても、胎盤に赤ちゃんは残っています。
妊娠とおなじようにつわりの症状が引き起こされて、流産の症状が引き起こされません。

流産の自覚症状のひとつに基礎体温が下がるというものがありますが、稽留流産の場合には基礎体温が下がらないのでどうしても発見に役立ちません。
体内のホルモン分泌は妊娠している時と変わらないため、基礎体温が高温期を維持したままになってしまいます。
35 件

関連する記事