子育てがもっと楽に楽しくなる!ママのための育児グッズ!

産後の赤ちゃんのお世話は本当に大変なもの。 慣れない子育てを楽にもっと楽しく育児するための育児グッズをご紹介!! いる?いらない? まずは、このアイテムをおさえましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/13 公開 | 313 view

子育てがもっと楽に楽しくなる!ママのための育児グッズ!

毎日毎回行う授乳に必要なアイテムとは?

 (18991)

毎日絶対に行うミルクの授乳。
楽に授乳できたらどれだけ助かるかと思いますが、トラブルも多いものです。
そんなおっぱい・ミルクに関するアイテムをご紹介。
まず絶対に必要なのは、授乳ブラジャー、母乳パッド、粉ミルク、ほ乳瓶、消毒グッズ、ほ乳瓶ブラシ。
母乳育児をするママも念のためにミルクのアイテムを用意しておくことで安心できます。
どのくらい母乳が出るかもわからないので粉ミルクの用意をしておくことをおすすめします。
授乳服は必要?

授乳服は必要?

授乳服には、授乳口がついてあって、授乳の時にわざわざ服をまくることなく、手軽におっぱいをあげれて便利という声が多いです。
母乳育児がメインのママには特におすすめです。
使用頻度によって買い足してもいいと思います!!
授乳ケープは必要?

授乳ケープは必要?

人前や外出先での授乳の際に、ママと赤ちゃんを包み込んでくれる授乳ケープ。
どこでも授乳ができて便利という声があり、デザインなどの種類も豊富で授乳場所を選べない、授乳回数が多い、外出先に授乳室がない場合に役立ちます。
授乳クッションは必要?

授乳クッションは必要?

授乳時にクッションを腰回りに挟むと授乳や抱っこの時にママが赤ちゃんを支える負担が軽減されます。
授乳の回数が多いと負担がかかるので授乳クッションがあると必ず使っているという人も多く、妊娠中は、抱き枕としても使えて便利です。
搾乳器は必要?

搾乳器は必要?

母乳が出ない、これは困った!
母乳を人工的に絞り出すアイテム。
搾乳することで母乳の分泌を促したり、乳腺炎を防ぐ効果も期待できます。
搾乳できると搾乳した母乳をほ乳瓶で飲ますことができて、他の人に赤ちゃんをみてもらえたりと便利です。

汚れや臭いおむつの悩み解消アイテムとは?

 (18992)

毎日毎回交換する必要のあるおむつ。
汚れや気になったり、おむつがかさばることで持ち運びも不便になったりとトラブルが出てきます。
スムーズに行うためのおむつ交換便利アイテムを賢く使いましょう。

まず、紙おむつとお尻拭きは絶対に必要です。
紙おむつには、サイズがあって産まれてすぐの赤ちゃん~1か月ぐらいは、新生児用を使いましょう。
その後は、赤ちゃんの成長に合わせて紙おむつのサイズもアップしていきましょう。
おむつは、安売りの時に買いだめしておくのもおすすめですが、買いすぎてサイズが合わなくなって使えなくなるともったいないので、買いだめする時はほどほどにしましょう。
そして赤ちゃんのお尻を優しくふいてあげましょう。
寒い時期は、冷たいものよりも温めたお尻拭きを使った方が赤ちゃんも気持ちいいと思うので、お尻拭きウォーマーを使うのもおすすめです。
外出の際には、おむつをポーチに入れて臭わないようにしましょう。
おむつがぴったりと入るサイズのポーチで消臭効果が期待できるものがおすすめです。
使用済みのおむつを入れていても臭わなければ安心ですよね!!
また、おむつ替えシートも外出時に持っていると便利で撥水加工されているものだと汚れても便利です。
おむつの嫌な臭いをシャットダウンするため、おむつ用のゴミ箱もあったほうが助かると思います。
そのままおむつを置いているとかなり臭いますが、おむつ用ゴミ箱に入れると臭いが気にならず臭いに敏感なママにおすすめです!!

布おむつって赤ちゃんにいいの?

 (19000)

おむつには、紙おむつと布おむつがあります。
布おむつは、紙おむつよりも肌に優しくておむつかぶれのひどい赤ちゃんには、おすすめです!
洗濯する必要があって、紙おむつの方が使い捨てで便利という声もありますが、繰り返し使えて経済的というメリットもあります。
布おむつを使用するときは、布おむつ、布おむつカバー、おむつライナー、バケツが必要です。

お風呂・ベビーケアに必要なアイテムとは?

 (19003)

33 件

この記事を書いたライター

関連する記事