指しゃぶりをやめさせるための方法とは?ママのお助けアイテムもご紹介♡

指しゃぶりをやめさせるのはママにとっても子供にとっても容易なことではありませんよね。でも子供の成長のためにも卒業させることは大切です。そこで、ストレスなく指しゃぶりをやめさせる方法と、指しゃぶり卒業を応援してくれるアイテムをご紹介したいと思います☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/08/08 公開 | 21 view

指しゃぶりをやめさせるための方法とは?ママのお助けアイテムもご紹介♡

指しゃぶりは生理的な行動!だけど…長引くと心配

 (82582)

そもそも指しゃぶりは、赤ちゃんが生まれ持った本能「原始反射」なのです。胎児の時から指をくわえることを覚え、外の世界へ出てきてもおっぱいを飲むという行為をできるようになっているのです。

赤ちゃんにとって生きていくうえで、おっぱいを飲むという行動は必要不可欠なものであり、生きていく術なのです。赤ちゃんはその方法を身に着けて外の世界へ出てくるのですから、本当に不思議ですよね☆

よって指しゃぶりをすることは生理的な行動なので、無理にやめさせたり心配する必要はありません。しかしながら、ある程度の年齢を過ぎても指しゃぶりの行動が続くようであれば、別の原因が考えられます。そしてその原因によっては早急に対処する必要がある場合があります。

では、具体的にどれぐらいの年齢まで指しゃぶりを見守っていいのでしょうか?そしていつぐらいから指しゃぶりをやめさせるべきなのでしょうか?長引く指しゃぶりの背景には様々な原因が隠されていたのです。

指しゃぶりはいつまでOK?いつからNG?

 (82581)

結論から言うと、指しゃぶりはいつまでOKで、いつからNGかという決まりはありません。成長であったり周囲の環境などが一人ひとり違うからです。しかし、健やかな発達を妨げたり、成長への影響を考えて、「指しゃぶりの卒業」へ促す必要がある場合があります。

下記に、年齢別に分けて指しゃぶりの考え方をまとめました。これらを踏まえて無理のない「指しゃぶりの卒業」へと導いていただけたらと思います。

年齢からみた指しゃぶりの背景と対応方法

 (82580)

【0~12か月】生理的行動の指しゃぶりは、大体12か月ごろまでとされています。これは母乳やミルクを飲む機会が多いことや、ものを口に入れて感触を学ぶ機会が多い1歳までの時期を指しているものです。

指しゃぶりにより自分の身体を知ったり、ものの感触を学んだりしているので、この時期の指しゃぶりは思う存分させてあげたほうがよいでしょう。
1)乳児期:生後12か月頃までの指しゃぶりは乳児の発達過程における生理的な行為なので、そのまま経過をみてよい。
小児科医と小児歯科医の見解から見ても、この時期の指しゃぶりは心配いらないということがわかります。
【1~2歳】‥このころになると、手を使って一人遊びができるようになったり、周囲に興味が湧く時期なので、自然と口元から指が離れる時間が多くなっていきます。ただし、眠くなったり、初めて会う人や初めて訪れる環境などに対して不安を感じ、気持ちを安心させるために指しゃぶりをするという場面が多くみられます。

この際の指しゃぶりは、無理にやめさせてしまうと不安が大きくなり、返ってひどくなったり長引かせてしまう恐れもあるため、見守っていきましょう。
2)幼児期前半(1~2歳まで):この時期は遊びが広がるので、昼間の指しゃぶりは減 少する。退屈なときや眠いときに見られるに過ぎない。したがって、この時期はあまり神経質にならずに子どもの生活全体を温かく見守る。
精神面での発達が著しい時期なので、温かく見守ることが大切なようです。
【3歳~就学前・就学後】この時期は遊びがより活発になったり、周囲の目も気になる時期です。遊びが活発になれば自ずと指しゃぶりをする機会もなくなります。又、指しゃぶりをすることで周囲からの目も気になるという、精神的な成長もみられるので、「やめよう」という意思が強くなる時期でもあります。

よって、この時期にはほとんど指しゃぶりが見られなくなるケースが多いようです。しかし、習慣づいてしまっていたり、やめる気配がない場合には、歯への影響なども考慮し、親御さんやお医者さんの援助が必要になってくることもあります。
2)小児歯科医:指しゃぶりは歯並びや噛み合わせへの影響とともに、開咬になると発音や嚥下、口元の突出、顎発育への影響も出てくる。不正咬合の進行を防止し、口腔機能を健全に発達させる観点からも、4~5歳を過ぎた指しゃぶりは指導した方がよいという意見が多い。4歳以下でも習慣化する危険がある児に対しては指導する必要がある。
小児歯科医の見解で、3歳以降の指しゃぶりには歯への影響が懸念されるということがわかります。
又、この時期の指しゃぶりは、生理的な行動ではなく、精神的な原因が大きいとも考えられます。幼稚園や学校、人間関係でのストレスや不安などが関わっていることもあるので、まずは子供の生活の様子をしっかりと見てあげたうえで、癖なのかその他の原因なのかを見極めてあげることが大切です。
36 件