人気の雛人形はコレ!!子どものための一生に一度の贈り物で失敗しない選び方

3月3日はひな祭り。女の子が生まれた家庭ではお祝いをするかと思いますが、その時に欠かせないのが『雛人形』です。一生に一度の贈り物ですから、パパやママが気に入ったものを選びたいですよね。でも雛人形ってどれを買えばいいの!?と悩む方もいるかと思います。人気の雛人形や、失敗しない雛人形の選び方をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/11/21 公開 | 163 view

人気の雛人形はコレ!!子どものための一生に一度の贈り物で失敗しない選び方

雛人形の選び方や人気の商品を教えて!

 (96027)

雛祭りで欠かせない雛人形。毎年ひな祭りの時期が近づいてくると、デパートなどでは雛人形の販売スペースが設けられます。女の赤ちゃんが生まれたら、初の節句の時には是非とも用意してあげたいですね。

しかし、雛人形は種類も多く、値段もバラバラ。一体どれを購入してあげたらいいのか悩んでしまいます。そこで、雛人形の特徴やメーカー、人気の商品などをまとめてみました!我が子のために購入する雛人形だからこそ、納得するまで悩んで選んであげてくださいね。

そもそも雛人形ってどんなもの?

 (96028)

雛人形を購入する前に、まずは雛人形について詳しく知っておきましょう。

3月3日 桃の節句に飾る人形

3月3日ひな祭りの日は、桃の節句とも呼ばれています。女の子がいる家庭では、お子さんの健やかな成長を願ってお祝いをする日です。この日にひな人形を飾ったり、白酒、菱餅、あられ、桃の花をお供えして祭ったりします。

雛人形の由来や飾り方などの詳しい情報は、こちらのページからもご覧いただけます。

雛人形の選び方

 (96029)

雛人形売り場に行くと、数多くの雛人形が展示販売されています。雛人形について知らないと、どの人形にどんな違いがあるのかとか、家に飾るにはどれくらいがいいのかとか、メーカーはどこがいいのかなど悩みます。

ママやパパの好みで選ぶようでもちろんOKなのですが、特にどんな点に重点を置いて雛人形を選べばいいのか、選び方も参考にしてみてください。

置き場所を考えてサイズを選ぶ

雛人形にはいくつか種類があります。

<7段飾り>
…雛人形と言われて一番最初に思い浮かべるのが7段飾りの雛人形という方も多いでしょう。7段のひな壇に、15人の雛人形や金屏風、雪洞、嫁入り道具などを飾っていて、見た目がとにかく豪華です。飾るスペースを多く使うので、一軒家などで部屋数やスペース、収納場所にも余裕がある家庭にオススメです。

<3段飾り>
お内裏様とお雛様、3人官女、道具などを飾るコンパクトなタイプの雛人形です。7段飾りほどの豪華さはないものの、家庭で飾るには丁度良いサイズで生活スペースをさほど邪魔しません。

<親王飾り>
お内裏様とお雛様のみの飾りです。7段飾りや3段飾りの最上階部分のみでコンパクトに飾ることができますが、これだけでも豪華です。

<収納飾り>
雛人形を飾る台の部分が収納になっていて、片付けの際はそこに人形を収めておくことができます。台の部分も模様や刺繍が施されており、華やかに見えますよ。3段飾りや親王飾りのタイプがあります。

<ケース飾り>
ガラスやプラスチック製のケースの中に、お内裏様とお雛様、簡単な道具などが入っているタイプの雛人形です。ケースの作りに高級感があり、家庭のちょっとしたスペースに飾っていてもすごく栄える雛人形です。小スペースで良いだけではなく、ケースが外部からのほこりから守ってくれて手入れが簡単という点や、小さな子どもの手に届かないという点でも便利です。

雛人形を購入するにあたり、飾るスペースはもちろん収納するスペースも確保しなければなりません。お家のスペースや雰囲気に合っているのはどのタイプなのか考慮して選びましょう。

好みの表情や着物で選ぶ

52 件