インフルエンザ予防のための食事レシピ!家族で健康力を高め元気な冬を過ごそう

毎年必ずと言って流行するインフルエンザ。うがいや手洗いなど、予防を欠かさない人も多いかもしれませんが、体の内側からの対策はしているでしょうか。インフルエンザを予防するために”食事”に気を付けてみるのも有効です。インフルエンザだけでなく風邪などの病気にかかるのは、体の免疫力が下がってしまっているときが多いです。そんな体調を整えるために、食事で病気から体を守りませんか。今回は家族みんなで今すぐ対策できる、インフルエンザ予防のための食事をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/10/09 公開 | 108 view

インフルエンザ予防のための食事レシピ!家族で健康力を高め元気な冬を過ごそう

インフルエンザ予防のための食事のポイントは?

 (165124)

インフルエンザの予防のためにはどのような栄養を意識して摂ればいいのでしょうか。

ポイントはずばり、
・免疫力
・抗体づくり
・粘膜の強化
・腸内環境の正常化

です。

✔ビタミンDで免疫力を高める

ビタミンDは体の免疫に大いに関係する栄養素です。ビタミンDが体内に少なくなれば、インフルエンザはもちろん、様々な病気にかかりやすくなります。

そんなビタミンDは太陽の光を体に浴びること位によって、体内で生成することができる栄養素です。元気に外で遊ぶ子は風邪を引きにくいと言われるのはこのため。最近は紫外線対策の方が重要視されているため、ビタミンDが欠乏している人が多いようです。また、冬は紫外線も少ないため、特に不足しがち。

食べ物では卵や魚、きのこ類に多く含まれています。

✔たんぱく質で抗体を作る

外部からのウィルスと戦うのが抗体ですが、その抗体を作るのはたんぱく質です。たんぱく質は肉や魚、卵、大豆食品に多く含まれます。1食で、この中から2品を組み合わせて摂るのが好ましいようです。

✔ビタミンA・C・Eで粘膜を強化

インフルエンザはウィルスが鼻や喉などの粘膜につくことにより、感染します。そのため、この粘膜を強化し、ウィルスの体内への侵入を防ぐ事が、インフルエンザにかからない第一歩です。

粘膜の強化にはビタミンA、C、Eの摂取が大切です。緑黄色野菜や果物、レバーや卵などに多く含まれます。バランスよく、普段から意識して摂る事が病気に強い体を作ります。

✔発酵食品で腸内環境を正常化

味噌や納豆など、発酵食品は腸内環境を整えてくれます。腸内環境と免疫力は密接に関係しており、善玉菌がお腹の中で増える事で免疫力もアップします。R-1ヨーグルトがインフルエンザ予防に効果がある!という話を聞いたことはありませんか?ヨーグルトも発酵食品なので、腸内環境を整え、免疫力を活性化させる効果が期待できると言われています。

Amazon | 明治ヨーグルトR-1 112g×24個 | 不明 | プレーンヨーグルト 通販

3,240
インフルエンザ予防や風邪予防に食べる人も多いR-1ヨーグルト。まとめ買いにいかがでしょうか。

インフルエンザ予防の食事レシピ①免疫力を高めるレシピ

 (165348)

43 件