大変!子供が布団におねしょ!忙しい朝でも出来る対処法とは?洗濯方法や対策グッズも!

子育てをしていると避けては通れない成長過程のひとつ「おねしょ」。子供がおねしょをしてしまうのは仕方のないことですが、後始末が大変ですよね。ママにとっては忙しい朝の時間、布団などはどのように洗濯していますか?シーツや布団カバー類などは洗濯機で簡単に洗えますが、布団となると自宅の洗濯機ではなかなか洗えませんよね。最近は、ふとん丸洗いが出来るコインランドリーもありますが、おねしょの度に毎回コインランドリー行くのも大変。そこで今回は、忙しい朝でもパパッと済ませられる布団の応急対策や、おねしょ対策グッズなどをご紹介します。布団に匂いを残さずに、スマートにおねしょのシ後片付けをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/30 公開 | 552 view

大変!子供が布団におねしょ!忙しい朝でも出来る対処法とは?洗濯方法や対策グッズも!

子供のおねしょ布団はどうしていますか?

 (76148)

朝起きると「子供が布団におねしょをしている…」子育て中のママなら誰もが経験する試練ですね。

今はオムツを使っているという方は、おねしょとはまだ無縁ですが、たまに布団の上でオムツ交換をしているとピューッとおしっこされてしまい、布団が濡れてしまったという経験をしたことがあるママもいらっしゃるのではないでしょうか。
子供がおねしょをした時のお布団はどうしてますか??

いつも水で濡らしたタオルで叩くように拭いたり、仕事がない日は
部分的に敷布団を洗ったりしていますが。。。昨日今日と立て続けに
おねしょをしたせいか臭いがちょっときついです。。。
洗えない敷布団が大量のおねしょでびっしょり濡れてしまいました。
さらに、1日投げっぱなしに・・・。
もう捨てるしかありませんか?
朝ご飯の支度に家族の送り出し、お仕事をしているママは準備に大忙しの朝。
しかし、おねしょを発見するのは、大抵朝の忙しい時間なんですよね。

子供がおねしょをするのは自然なこととは分かっていても、何度もおねしょをされるのも布団が汚れてストレスになると感じているママも多いのが現状。

忙しくて布団に手が付けらないからと、おねしょ布団をそのままにしておくと臭いも心配ですし、何より衛生面やお布団もダメにしてしまいますよね。
バタバタと慌ただしい朝でも簡単に出来るおねしょ布団の応急処置法を覚えておきましょう。

おねしょ発見!まずは布団から水分を抜きましょう

 (76160)

おねしょをしてしまうと、子供のパジャマも布団もビシャビシャになってしまいますよね。
子供がおねしょをした時に、まず最初にやらなくてはいけないことは、布団から水分を取り除くことです。

丸洗いできる布団ならそのまま洗濯機でも構いませんが、洗う前にある程度の水分は取っておいた方が良いでしょう。

大きめのバスタオルなどを布団の下に一枚、布団の上にも数枚乗せて、足踏みなどすると効率よく水分が抜けます。
またおしっこの量が多い場合は、紙オムツで挟んで踏みつけると水分がよく吸い取ることが出来ます。

どんなに忙しい朝でも、最低限この作業だけはやっておきたいですね。

おねしょの直後なら重曹がおすすめ

 (76162)

おねしょの直後の布団であれば、重層をふりかけるとおしっこを効率良く吸収してくれます。
まず、ティッシュやタオルを軽乗せおねしょの範囲が広がらないように、表面の水分を取り除きましょう。
そのあと重曹をおねしょの上にかけていきます。

ある程度水分を吸い取り終わったら、重曹を払うかもしくは掃除機で吸って完了です。
この段階で、おしっこの臭いはある程度消えているはずですよ。
重曹は大掃除でも大活躍するアイテムなので、一家に一つは常備しておきたいですね。

時間が経過したおねしょには

 (76169)

丸洗いが可能な布団の場合は、ティッシュやタオルである程度水分をとった後、40度前後のぬるま湯をかけてから、またタオル等で水分を取ります。

おねしょされた布団をさらに濡らすことには抵抗がありますが、おしっこに含まれるアンモニアは水に溶ける性質があるので、水で流した方が臭いが残りにくくなるそうです。

そのあとは同じように、タオルを敷いた床に布団を置き、その上からタオルを乗せて踏むか、もしくは重曹をかけて水分を取り除きます。
51 件