赤ちゃんに市販の離乳食は使っていいの?メリット&デメリットを押さえて上手に取り入れよう

赤ちゃんの市販の離乳食は色んなメーカーから販売されていますが、そもそも赤ちゃんのうちってレトルトの離乳食は食べてもいいのでしょうか?気になっているママもいるかと思いますが、市販の離乳食は活用することでメリットがたくさんあるんですよ。でも市販の離乳食に頼りすぎてしまうのは心配。市販の離乳食はデメリットも押さえながら上手に活用すれば、ママの育児と赤ちゃんの成長をサポートしてくれる頼もしい存在です。離乳食の種類やメーカーも押さえて、上手に取り入れてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/06/24 公開 | 73 view

赤ちゃんに市販の離乳食は使っていいの?メリット&デメリットを押さえて上手に取り入れよう

赤ちゃんの市販の離乳食を活用してみよう

 (157363)

ベビーショップやドラッグストアでは、赤ちゃん用の離乳食のコーナーが大きく展開されています。離乳食はなんとなくママの手作りの方がいい?なんて思うかもしれませんが、色んなメーカーから商品が展開されていてパッケージを見てみるとどれも美味しそうで、つい気になっちゃいますよね。

離乳食を毎日用意するのは意外と大変!パッケージに密封されている離乳食は日持ちもするので、いくつかストックを用意しておけば、忙しいママを助けてくれます。衛生面でも安心できるので、お出かけの時にも助かりますよね。

市販の離乳食を上手に取り入れ、成長をサポートしてあげましょう。

赤ちゃんに市販の離乳食を食べてもらうメリット

 (157365)

赤ちゃんの離乳食は市販のものを取り入れることで、様々なメリットも。さっそく確認してみましょう。

忙しい時は時間短縮!

手作りの離乳食は、特に初期の方ほど煮たりすりつぶしたりと手間がかかりますよね。離乳食を毎日用意するのは大変!時間がない時には湯銭やレンジで温めるだけですぐに食べられる離乳食はとても助かるし、中にはパッケージを開封したらそのまま食べられる離乳食もあります。

月齢に合った離乳食の様子が分かる

本などを見ても、実際の離乳食の様子を見ないと今の月齢の赤ちゃんがどんな状態の離乳食を食べられるのか分かりにくいですよね。そんな時に、月齢に合った市販の離乳食は参考になります。硬さや大きさなど、ママも実際に少し食べてみると、とても参考になるかと思います。

※ただし、市販の離乳食の味付けは少し濃い目のものが多いです。味付けに関しては、市販のものより少し薄目を心がけるようにしてみてください。

初めて食べる食材を取り入れやすい

月齢によって食べられるようになる食材はどんどん増えていきますが、中には取り入れにくい食材もありますよね。市販の離乳食は月齢に合った様々な食材を使っているので、初めて食べる食材も取り入れやすいです。上手に活用してみましょう。

薄味でおいしい味付けができる

お湯で戻すタイプのフリーズドライの粉末調味料は、離乳食期の赤ちゃんに合わせた薄味仕様となっています。素材の味だけだとちょっと物足りないという時や、お出汁をすこし効かせたいときなんかにお湯で戻して手軽に使えるのが便利です。

栄養バランスを考えて作られている

70 件