沐浴って赤ちゃんのお風呂?生まれたばかりの赤ちゃんにもおすすめの沐浴剤!

生まれたばかりの赤ちゃんを沐浴させるのは、パパやママにとってほとんど初めての体験! 沐浴についてとおすすめの沐浴剤をご紹介します!! パパとママとのお風呂タイムが楽しい時間だと赤ちゃんに覚えてもらいましょう。 お風呂でのスキンシップは、大切なことです。 お風呂好きになることが、赤ちゃんにとって一番のスキンケアです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/16 公開 | 182 view

沐浴って赤ちゃんのお風呂?生まれたばかりの赤ちゃんにもおすすめの沐浴剤!

沐浴(赤ちゃんのお風呂)

 (35400)

沐浴とは、生まれてまだ間もない赤ちゃんが大人と一緒のお風呂に入るには抵抗力が弱いので、感染を防ぐためにきれいなお湯で赤ちゃん専用のお風呂に入れてあげることです。
約1か月間続けます。
赤ちゃんの体は小さいですが、とても新陳代謝が盛んです。
汗っかきでミルクを飲みながらこぼしてしまうこともあります。
そんな赤ちゃんの肌を清潔に保つためには、毎日の沐浴が欠かせません!
でも、赤ちゃんは長時間お湯につかっているとそれだけで体力を消耗してしまいます。
なるべく5~10分程度でさっと清潔に洗ってあげましょう!!

沐浴前の準備

 (35410)

沐浴する前にベビーバス、ガーゼ(2、3枚)、バスタオル、綿棒、湯温計、臍消毒セット、着替えを用意しておきましょう。
沐浴する場所は給水できる場所、排水のできる場所、隙間風が入らないところです。
例えばお風呂場や洗面所、台所などです。
ベビーバスを使って沐浴する場合は、浴室である必要はありません。
明るい部屋で22℃~23℃くらいの室温が理想的です。
特に冬は、温かい部屋の方が赤ちゃんにとっても快適です。
ベビーバスにお湯を用意するときの目安の温度は、夏はぬるめの38~39℃ぐらいで冬は、40℃です。
沐浴する場所の室温、お湯の温度に気をつけて湯冷めしないように注意しましょう。

沐浴させてはいけない時ってどんな時?

 (35429)

沐浴の目的は、赤ちゃんの体を清潔にすることですが、赤ちゃんを裸にした時に体をしっかりと観察しましょう。
赤ちゃんの機嫌や肌の色、熱など健康状態など確かめるようにしましょう。
あせもやただれ、湿疹などひどい時は医師に相談した方がいいです。
毎日沐浴することも大切ですが、沐浴させてはいけない時もあります。
熱があるときや食欲がなくいつもの元気がないとき、嘔吐や下痢をしているとき、病気が何であれ沐浴を中止した方がいいです。
とくに夏、あせもができやすかったり、おむつかぶれしやすい赤ちゃんは、沐浴させないと肌トラブルを起こすこともあります。
迷っときは、専門の医師に相談して意見を聞きましょう。

沐浴できなかった時はどうするの?

 (35436)

沐浴ができない時でも赤ちゃんの体はいつも清潔にしておきたいものです。
沐浴できなかった時は、全身裸にせずに首やワキ、股のくびれの部分を中心にお湯でしぼったタオルやガーゼで手早く拭いてあげましょう。
おむつかぶれしやすい赤ちゃんは、おしりだけの部分洗いをしてあげてください。
耳、耳の後ろのただれや背中、目やに、首のただれ、わきの下のただれ、おむつかぶれ、赤ちゃんの体の隅々までよく見てあげましょう!!

新米パパ&ママに特におすすめの沐浴剤

 (35441)

すべりにくくてお肌に優しいスキナベーブ
油分を抑えて、すべりにくく産まれたばかりの赤ちゃんからご使用できます。
ベビーバスの中に入れてその中で赤ちゃんを洗うだけの沐浴に不慣れな初心者パパやママでも簡単に沐浴できます。

沐浴剤スキナベーブの良いところ

26 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事