【七五三編】子どもの「とっておき写真」を撮るコツ8つ☆おススメ時間帯・光の向きは?

七五三はスタジオで前撮りという方も多いと思いますが、お参りでもぜひ子どもの素敵な写真を撮ってあげたいですよね。七五三のお参りは神社での写真撮影という場合が多く、屋外・子どもならではの難しさがあります。上手に撮るコツを8つ、ご紹介していきますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/06/19 公開 | 133 view

【七五三編】子どもの「とっておき写真」を撮るコツ8つ☆おススメ時間帯・光の向きは?

七五三の子どもの素敵な写真を簡単に撮るには?

 (120235)

子どもの健やかな成長を祝う七五三は、大きな節目。晴れ着を着ることも多く、せっかくの晴れ姿をとびきり可愛い、とっておきの写真で残してあげたいですね。
七五三の写真と言えば、お参りに行った神社で撮影ということが多いと思いますが、普段のスナップとは違い、失敗できないと思うと難しいですね。
そんなときに役立つ撮影のコツとは?この記事では、主に一眼レフのカメラを使っての撮影について、七五三ならではのコツや、気を付けたいことなどをご紹介していきます。

【コツ①】撮影シーン・撮りたいカットを決めておく

 (120261)

七五三のお参り当日は、とにかくばたばた忙しくなります。子どもも、着付けやメイクをしたり、神社でご祈祷をしたり、普段と違うことが多く機嫌も悪くなってしまいがちです。
気が付けばカメラには思ったような写真が残っていなかった・・・なんてことのないように、事前に撮りたいカットを考えておくことがおススメです。
お参りする神社に行ったことがあれば、あの鳥居で集合写真を撮ろう、ご祈祷の前に神社をバックに全身のカットを撮ろう、とある程度決めておくと当日もスムーズです。

できれば、神社について早い段階、子どもが機嫌が悪くなる前に、ある程度撮りたいカットを撮っておけるといいですね。

【コツ②】七五三の撮影にはスポーツか連写がおススメ☆

Slr Camera Dslr · Free photo on Pixabay (120262)

当日は、子どもの機嫌が悪くなったり、ご祈祷があったりとゆっくり撮影できる時間は意外と少ないかもしれません。一眼レフカメラの設定を色々変えてじっくりとはいかず、同じ設定でどんどん撮影することになると思います。子どもを撮影するので、おすすめなのはスポーツモード。動く被写体にもピントを合わせやすいモードです。(お使いのカメラの設定を確認してみてください)
連写できるように設定しておいて、とにかくたくさん撮って、後で選ぶというのもいいと思います。

【コツ③】撮影の時間帯は午前中が撮りやすい♪

 (120271)

七五三のときは、神社へのお参りの際、屋外での撮影になる場合が多いと思います。
では、屋外の自然光で撮影する場合、適している時間帯は?—―答えは、午前中。午前中は光が柔らかく、優しい表情の写真を撮りやすいからです。
正午近くになってくると、日差しが強すぎて顔に影ができやすくなります。そんなときは、木の下に移動して木漏れ日を利用して撮影すると柔らかな雰囲気が出やすいですよ。

子どもの笑顔も、午前中のほうが機嫌がよく撮りやすいかもしれませんね!

【コツ④】自然光を生かすには顔に影ができない半逆光がおススメ

54 件