【首都圏版】子育てしやすい街おすすめ5選!安心&快適な住まいを選ぶ際のポイントは?

大切な我が子を育てるにあたって、住まい選びはとても重要ですよね。「住みやすい」だけでなく、「子育てしやすい」街かどうかがポイントになってくると思います。治安の良さや行政サービスの充実、物価についても気になるところです。子育てしやすい街とは、一体どこなのか?今回は、首都圏に焦点を当て、子育て世帯にとって、本当に住みやすい、おすすめの街をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/20 公開 | 2940 view

【首都圏版】子育てしやすい街おすすめ5選!安心&快適な住まいを選ぶ際のポイントは?

子育てしやすい街って何?

Free photo: Digital Art, City, Cities, Urban - Free Image on Pixabay - 182223 (67445)

そもそも、「子育てしやすい街」ってどんなイメージがあるでしょうか?物価、治安、待機児童問題、子育て支援制度の充実など、様々なものを思い浮かべますよね。どこも大して変わらないのでは?と思っているママさん。実は、市区町村によって大きく差があるんですよ。

これから出産を機に、引越しを考えている方は、「子育てしやすい街」を選ぶ際のポイントをしっかりおさえて、失敗しない住まい選びをしてくださいね。では早速、おすすめの街をご紹介して行きましょう。

江戸川区(東京都)

Free photo: Boy, Child, Bouquet, Flowers, Park - Free Image on Pixabay - 1397793 (67453)

東京都の東部に位置する江戸川区。千葉県、都心部へのアクセスも良く、住みやすいと人気のエリアです。そんな江戸川区は、子育てに特化した自治体と言っても過言ではなく、様々な制度が充実しています。では早速、子育てしやすい街として、どんな特徴があるのかご紹介していきます。

◆私立幼稚園の補助金制度

Free photo: Kindergarten, Clown, Garden - Free Image on Pixabay - 2204239 (67455)

江戸川区では、私立の幼稚園に入園した際に、入園料の補助金8万円が支給される「入園料補助金」や、通園している園児には月額2万6000円が支給される「保育料補助金」があります。

いくら子供を通わせたくても、私立幼稚園の場合、親の負担はかなり大きいのですが、補助金のおかげで、負担も軽減され、子供が通う幼稚園の選択肢を広げてくれるので、とても良い制度ですね。所得の制限は特にありませんので、どなたでも申請すれば補助を受けられます。

◆保育ママ制度

Free photo: Newborn, Baby, Mother, Adorable - Free Image on Pixabay - 659685 (67460)

江戸川区の大きな特徴として挙げられるのが、「保育ママ制度」。これは保護者の方が仕事などで養育ができない場合、家族に代わって赤ちゃんを預かってくれるサービスのことで、月額約17.000円程で利用出来ます。

赤ちゃんを預かるのは子育て経験のある方のほか、保育士などの資格をもった方なので大丈夫!赤ちゃんにとっても、落ち着ける環境で預かってくれるので、安心出来ますね。

◆乳児養育手当

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (67461)

江戸川区独自の制度として、「乳児養育手当」というものがあります。これは、生まれてからすぐの大切な乳児期間に、ママが育児に専念できるようにと、月額13.000円を支給する制度のことです。満1歳までの乳児が対象ですが、おむつやミルクなど、何かと物入りの時期なので、助かりますね。
101 件