花粉症による肌荒れは日頃のケアが大切!花粉皮膚炎の対策・予防法でお肌を守ろう♡ (page 2)

花粉症の季節になると鼻水や目の痒みの他にも肌荒れを引き起こすこともあるでしょう。花粉症で肌荒れが起こる原因や対策法を紹介します。花粉症による肌荒れ「花粉皮膚炎」について知っておけば予防もできるようになります。花粉の季節でも肌荒れを起こさないように知識をつけておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/16 公開 | 134 view

花粉症による肌荒れは日頃のケアが大切!花粉皮膚炎の対策・予防法でお肌を守ろう♡
Free photo: Toner, Skin, Skincare, Cooling - Free Image on Pixabay - 906142 (102212)

花粉症による肌荒れを防ぐにはまず日頃の行動に注意しましょう。顔や頭についた花粉を払おうと顔をはたいたり、シートで顔を過剰に拭くのは刺激を与えるだけなので止めましょう。またマスクをしているときにたくさん喋ると口の動きに合わせてマスクと肌が擦れます。これも刺激となって肌荒れを引き起こします。気をつけるべき行動があるのでひとつひとつみていきましょう。

マスクをするとき・しているとき

Instagram (102538)

マスクをするときはなるべく肌を擦らないように、ゆっくりとつけましょう。マスクを着けている間はしゃべるとマスクが動いて摩擦を生みます。必要以上は喋らない方が肌に刺激を与えなくて済みます。また何度も付けたり外したりを繰り返すのも肌に摩擦や刺激を与えるので止めましょう。他にも同じマスクを使いまわすのもばい菌が繁殖して肌荒れを引き起こします。マスクは花粉を防いでくれる便利なものですが、使い方が悪いと単に肌荒れを助長させるだけなので気をつけましょう。

食事はビタミンAを意識して

Free photo: Carrot Juice, Juice, Carrots - Free Image on Pixabay - 1623157 (102544)

花粉症になると鼻がつまって味が分からないからと簡単な食事で済ましてしまうことがありますが、必要な栄養素が足りなくなると粘膜や肌が弱くなり花粉症の症状をさらに悪化させます。ビタミンAには粘膜や肌を強くする作用があるので、積極的に摂りたい栄養素です。またビタミンBやCも身体を強くする栄養素です。こうした栄養素を重視したバランスの良い食事を心がけましょう。ただしビタミンAは妊婦さんが大量に摂取すると胎児に影響を及ぼす危険性があるので、妊活中のママや妊婦さんは食べ過ぎに注意しましょう。

花粉から守るスプレーも活用しよう

Free photo: Spray, Perfume, Sprayer - Free Image on Pixabay - 1514264 (102547)

最近では花粉から肌や髪を守るスプレーも登場していますね。こうしたものを活用することでマスクを必要以上にかけずに済みますし、花粉による症状を軽減させることができます。スプレーを顔にかけることに抵抗がある人もいるでしょうが、肌荒れを防止するためにも活用できないか試してみるといいですよ。

花粉症の肌荒れは日頃のケアが大切

Free photo: Skincare, Cleaning Skin - Free Image on Pixabay - 1461395 (102211)

花粉症による肌荒れを防ぐには日々のスキンケアにも気をつけましょう。乾燥が気になるなら今まで通りのケアでは水分が足りなくなります。保湿を重視したスキンケア化粧品に変えるなどして乾燥に負けない肌を作る必要があります。いつものスキンケアで肌が乾燥する場合には、保湿不足が考えられるので、さらに保湿ができる化粧品に変えたり、肌への摩擦を減らすなどして乾燥から早く回復させるようにしましょう。日頃のスキンケアを簡単に済ませていると花粉症によって肌荒れが引き起こされやすくなるので、花粉症の時期だけでもきちんとスキンケアすると花粉症による肌荒れに悩まされずに済みますよ。

洗顔方法も見直してみよう

42 件