花粉症による肌荒れは日頃のケアが大切!花粉皮膚炎の対策・予防法でお肌を守ろう♡

花粉症の季節になると鼻水や目の痒みの他にも肌荒れを引き起こすこともあるでしょう。花粉症で肌荒れが起こる原因や対策法を紹介します。花粉症による肌荒れ「花粉皮膚炎」について知っておけば予防もできるようになります。花粉の季節でも肌荒れを起こさないように知識をつけておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/16 公開 | 68 view

花粉症による肌荒れは日頃のケアが大切!花粉皮膚炎の対策・予防法でお肌を守ろう♡

花粉症で肌荒れが起こるのはなぜ?

Free illustration: Mask, Dust, Cheeky, Cat, Kids - Free Image on Pixabay - 2177087 (102209)

花粉が飛ぶ季節になると嫌~な目の痒みやくしゃみ・鼻水に悩まされますが、人によってはこれに加えて肌荒れを起こしてしまいます。花粉症で肌荒れが起こるのは、花粉を防ごうとするマスクによる摩擦が多くの原因です。他にも鼻水をかむ、眼をこするといった刺激も肌荒れを引き起こします。花粉症で肌荒れが起こるのは、こうした皮膚の擦れから発生した乾燥が原因です。肌の表面にある表皮は0.2ミリ程度と非常に薄い膜になっています。これを擦ることで表皮が剥がれ、肌荒れが起こってしまうんですね。
花粉が入ってこないようにとつけているマスクも、付け方や外し方が悪いと肌を擦って刺激になります。こうしたことが重なって花粉症による肌荒れが引き起ります。この花粉症による肌荒れは「花粉皮膚炎」とも呼ばれています。単に花粉症による肌荒れ以外にも、乾燥している空気や紫外線なども原因になります。マスクをしているからと紫外線対策を怠っていると花粉皮膚炎を引き起こすこともあるので、出かけるときはUV対策して出かけましょう。

花粉症の肌荒れの症状について

Free photo: Acne, Pores, Skin, Pimple, Female - Free Image on Pixabay - 1606765 (102210)

花粉症の肌荒れ…花粉皮膚炎の症状がどんなものか分からないと花粉症が原因なのか判断できませんよね。花粉皮膚炎は単なる皮膚の痒みや乾燥だけの症状ではなく、人によっては皮膚が捲れたり粉をふいたり、赤く腫れてしまうので注意が必要です。特に普段から肌が弱い人は花粉皮膚炎を引き起こしやすいので、花粉の季節もケアを怠ると顔が腫れてしまうので気をつけましょう。

人によって症状がさまざま

Free illustration: Hatena, Think About, Question - Free Image on Pixabay - 1184896 (102525)

花粉皮膚炎による症状は人によって異なります。ある人は顔が痒くなるだけ、またある人は顔が痒いだけでなく赤く腫れあがるなどさまざまです。これは普段のスキンケアや紫外線、摩擦度などが関係しています。普段から肌の保水量・水分量に気をつけ、正しいスキンケアをしているなら症状は軽く済むでしょう。しかしスキンケアなんてめんどくさい!誰に見られるわけでもないからいいや!なんて思ってずさんなスキンケアしかしていないと、肌は一気に荒んだ状態へと変化します。つまり皮膚炎の症状はスキンケアによっても左右されるんです。花粉症の季節に肌荒れが悪化する人はスキンケア方法もいっしょに見直してみましょう。育児中のスキンケアは時間がかけられないですが、時短できる正しいスキンケア方法もあるので、スキンケアを変えることも視野に入れてみましょう。

花粉皮膚炎は放っておくと顔のたるみを引き起こす?!

Free photo: Girl, Portrait, Model Feelings - Free Image on Pixabay - 2071564 (103505)

花粉皮膚炎の症状が軽いとつい放っておいてもいいか、なんて思ってしまいますが、実は放っておくと肌荒れがどんどん深刻化して顔のたるみや目の下のクマを引き起こします。つまり花粉皮膚炎を放っておくだけで見た目年齢があっという間にプラス5歳くらいされてしまうんですね。花粉の季節に老けた?なんて言われたら花粉皮膚炎を疑ってみましょう。
花粉皮膚炎は皮膚科で治療してもらうだけでなく、普段のスキンケアや行動次第で軽減させることができます。自宅で治すことも可能ですが、症状が酷い場合には医師に相談するようにしましょう。放っておくことで敏感肌に変化することもあるので、早めに治すようにしましょうね。

花粉症による肌荒れを防ぐには?

42 件