クレンジングクリームで肌に優しくメイクをオフ♪毛穴ケアや美肌ケアにも効果的!

メイクの落ちが悪そうというイメージのクレンジングクリームですが、肌のケアをしながらメイクを優しく落としてくれるので、毛穴や美肌ケアに効果的なんです。さっぱり落とすならクレンジングオイルの方が魅力的かもしれませんが、数年後の肌のことを考えると……クレンジングクリームを使っていた方がいいかも!?クレンジングクリームの魅力についてたっぷり紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/01 公開 | 123 view

クレンジングクリームで肌に優しくメイクをオフ♪毛穴ケアや美肌ケアにも効果的!

クレンジングクリームがメイク落としにオススメな訳

 (110847)

メイク落としにはクリームの他にもオイルやミルク、ジェルなどといった種類があります。今現在使っているメイク落としは肌に合っていますか?もし、洗い上がりにつっぱるような感じが残ったり、肌が乾燥するようなことがあれば、それはあなたの肌にメイク落としが合っていないのかもしれません。

メイク落としを変更しようと思っている方、肌に優しいクレンジングクリームを試してみてはいかがでしょうか?

肌に優しいだけじゃない!クレンジングクリームは毛穴や美肌ケアもできるからオススメ

肌に負担を掛けずにメイクが落とせるクレンジングクリーム。実は毛穴や美肌ケアもできるってご存知でしたか?

油分と水分のバランスが丁度良いクレンジングクリームは、肌の潤いを保ちつつメイクをからめ取って落としてくれます。洗い上がりはしっとり。マッサージクリームとして使うこともできる商品があるので、肌の弾力を回復したり、顔のリンパを流して小顔効果も期待できちゃうんです。

さらに、クレンジングクリームは毛穴の黒ずみや角質ケアにも効果的!というのも、うるおいを残したままメイクを落としてくれるので、顔の皮脂を余分に取りすぎず、使い続けることで皮脂の分泌量が丁度良くなり、結果的に毛穴のケアに繋がるのです。

自分に合ったクレンジングクリームの選び方

Free photo: Essential Oil, Aromatherapy - Free Image on Pixabay - 3073901 (110848)

クレンジングクリームといっても商品がたくさんあり、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。そこで、自分に合ったクレンジングクリームを選ぶためのポイントをまとめてみました。

ふき取り用クレンジングクリームは肌が特に弱い人にオススメ

クレンジングクリームにはふき取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。クレンジングクリームには界面活性剤という成分が入っています。これは、オイル成分が肌に密着しているメイク(油)を浮かび上がらせた後、水と馴染ませることで洗い流せるようにする成分です。

水と馴染ませるわけですから、洗い流すタイプのクレンジングクリームには、界面活性剤がふき取るタイプよりも多く配合されています。化学薬品である界面活性剤は、しっかり洗い流さないと肌荒れの原因となってしまうことも。

特に肌が弱いという方は、界面活性剤の配合が少ないふき取りタイプがオススメです。オフするときはゴシゴシとこすらず、優しく押さえつけるようにふき取ってくださいね。

とはいえ、ふき取るだけどメイクが落ちているのか不安…という方は、やはり洗い流す方をオススメします。また、洗い流すタイプとふき取りタイプの療法としてつかえる商品もありますよ。その日の気分に合わせて使い分けることができるのでオススメです。

ダブル洗顔不用タイプで時短メイク落とし

洗い流すタイプのクレンジングクリームにはダブル洗顔が不要なタイプもあります。仕事で疲れていると、メイクを落とすのも面倒ですよね。しかし、メイクはその日のうちに落とさないと肌荒れの原因に…ちょっとでも手間が無い方がいい!という方にオススメです。

また、せっかく肌の潤いを保ちつつメイクが落とせるクレンジングクリームを使っても、ダブル洗顔で肌に必要な水分や皮脂まで洗い流してしまう事も。乾燥肌の人、そしてオイリー肌で悩んでいるという方にも、ダブル洗顔不用タイプのメイク落としがオススメですよ。(オイリー肌の方の中には、実は洗いすぎで肌が乾燥し、潤いを保とうと余計に皮脂が出ているという状態の方が多くいるためです)

美容成分に注目して選ぶ

クレンジングクリームには、美容成分が配合されている商品が多くあります。潤いを重視したヒアルロン酸やコラーゲン、ホホバオイル、シアバターなどが配合されている商品がありますので、肌の悩みに合わせ、美容成分にも注目して選んでみてくださいね。

マッサージできるクレンジングクリームで小顔を目指そう

35 件