中秋の名月って何か説明できる?親子で日本文化に触れてお月見を楽しもう♪

中秋の名月と聞いて思い浮かべるのは、「月見団子」と「ススキ」ではないでしょうか。ではなぜ「月見団子」と「ススキ」を飾るのか知っていますか?この二つは飾っているのではなくお供えしているものなんです!中秋の名月は、秋の収穫に感謝し来年以降の収穫をお祈りする行事です。そのため、月に対してお団子と稲穂に似ているススキをお供えするようになりました。また中秋の名月は満月になると言われていますが、実際には満月になりそうな状態がほとんどのようです。なぜ中秋の名月は旧暦8月15日になったのかなど中秋の名月についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/31 公開 | 298 view

中秋の名月って何か説明できる?親子で日本文化に触れてお月見を楽しもう♪

中秋の名月っていつ?

Free photo: Full Moon, Moon, Super Moon, Huge - Free Image on Pixabay - 460316 (81589)

中秋の名月は、「旧暦8月15日」です。ここで間違えてはいけないのは「カレンダーの8月15日」ではないことです。

現在と旧暦では1ヶ月~1ヶ月半ほどずれているので、毎年違う日に旧暦8月15日が該当しています。
ちなみにこの記事を書いている2017年は10月4日です。2018年は9月24日、2019年は9月13日、東京オリンピックがある2020年は10月1日だそうです。

ではなぜ旧暦8月15日が「中秋の名月」なのか…
諸説ありますが、1番説得力がある説をご紹介します。

もともと日本の四季の考え方としては、
「春」・・・1・2・3月
「夏」・・・4・5・6月
「秋」・・・7・8・9月
「冬」・・・10・11・12月
でした。

「仲秋の名月」と表記することもありますが「仲」は8月全体のことを指すそうです。
また、現在と旧暦とではうるう年のとらえ方が違い、旧暦では1ヶ月が29日か30日でした。
秋の真ん中である8月のさらに真ん中に当たる15日が「中秋の名月」として決まったようです。

また、太陰太陽暦では新月を1日として15日後には満月になると考えられていました。だから8月15日は、月が最も満月に近い形になると考えられたという説もあります。

中秋の名月=十五夜=月見?

かわいいフリー素材集 いらすとや (81896)

現在では、中秋の名月は十五夜であり、お月見として認識されています。
秋は空気が澄んでいて、月がきれいに見えることからも昔から、人々が慣れ親しんだ風習です。

太陰太陽暦では、15日ごろが満月か満月に一番近づくと考えられています。
そのため十五夜自体は毎月あったようです。
しかし、秋の月が一番きれいに見えることや、秋の味覚の収穫時期と重なることから、中秋の名月が今でも根付いているようです。

中秋の名月は別名芋名月とも言い、秋の収穫をお祈りしたり、祝う日でもあったようです。
その名残がお月見団子の形にあります。地域によっては、お団子の材料に里芋を混ぜるところもあるようです。

中秋の名月は必ず満月とは限らない?!

 (81598)

太陰太陽暦では、15日は満月の日とされていますが、実際に満月だったことは少ないようです。
なぜかという説明は天文学でとても専門的な話になってしまうので、詳しい解説はここでは割愛させていただきます。

気になる方は、国立天文台のHPで詳しい解説をご覧になってくださいね。

ざっくり説明すると、新月から満月になるには13~16日ほどかかるようです。
だから、15日に必ずしも満月になることが少ないようで、後日満月にことが多いそうです。
しかし、15日も「満月に近い」月であることは間違えないようですし、日付が変わるぎりぎりの時間帯に満月になることもあるようです。

15日に満月は確率的に言うと奇跡に近いぐらい見たいなので、見ることができたら素晴らしい年になりそうですね♪

中秋の名月のお供え物

 (81599)

お月見と聞くと、思い浮かべるものは「月見団子」と「ススキ」ではないでしょうか?
地域によって、団子が3色だったり、形が平べったかったりと様々なようですが、中秋の名月に団子をお供えする風習があるようです。

この月見団子やススキにはどんな意味があるのかご紹介します。

月見団子

 (81597)

33 件