赤ちゃんの成長を月齢別でチェック!体重管理は必要?ベビーの発育についてお話します♪

赤ちゃんが成長するにつれて体重も増えてきます。 平均体重よりも少なかったり、多かったり、他の赤ちゃんと比べてうちの赤ちゃんが細めなのか?太めなのか?と気になるママもいるのではないでしょうか? 今回は、赤ちゃんの成長につれた体重のお話をしていきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/01 公開 | 249 view

赤ちゃんの成長を月齢別でチェック!体重管理は必要?ベビーの発育についてお話します♪

赤ちゃんの時期♡一生のうちで一番体重が増えるころ

 (70562)

赤ちゃんの体重の増え方は、個人差が大きいです。
生まれてすぐの赤ちゃんの体重は、一時的に減少しますが、その後は平均すると1日に約30gずつ増加していきます。
3ヶ月になると出生時の約2倍になります。
個人差もありますが、1歳で出生時の3倍になります。
赤ちゃんは、2歳ごろまでは一生の中でも最も体重が増えるころです。
体重の増加は、筋肉や骨格、内臓や脳を発達させるためにとても大切なことです。
体重だけではなく、身長もぐんぐんと伸びるので見た目も体形も変化します。
0~4か月のころは、1か月過ぎたくらいからふっくらと丸い体形になってきて、3ヶ月くらいからハイペースだった体重の増加がゆるやかになります。
授乳のリズムも整い始めます。
5~8か月のころは、寝返りやおすわりをし始めます。
少し筋肉の付いたしっかりとした体になって5~6か月くらいから離乳食がスタートします。
9~11か月のころは、離乳食が1日3回。
はいはいやつかまり立ちなど動きが活発になります。
このころから体が締まってきてスリムになる子もいます。
1歳~1歳6か月のころは、栄養の大半を離乳食からとるようになります。
運動量も増えるので筋肉が発達して丸みのあった体がスマートな幼児体形に変化します。

赤ちゃんの成長チェック!体重は月に1回測ってみよう!

 (70680)

赤ちゃんの体重が今どのくらいなのか気になりますよね。
赤ちゃんは、1か月過ぎたころから体重を頻繁に測っても増加の流れがわかりにくいもの。
月に1回測るのがベスト!
どうしても気になって測りたいというママは、1~2週間に1回くらいの目安で計測してみましょう。
乳幼児身体発育曲線で増加の流れを見るのが基本ですが、体形を判断する方法の一つとしてカウプ指数という指標があります。

★乳幼児身体発育曲線

乳幼児身体発育曲線とは、一体どんなものでしょうか?
これは、厚生労働省による赤ちゃんの身長や体重の調査結果をグラフ化したものです。
母子手帳にも記載されていて、数値は、10年ごとに見直されています。
帯の部分は、各月齢の94%の赤ちゃんの数値をつないだ平均的な数値です。
帯の幅が広い月齢は、それだけ個人差が大きい時期ということを表しています。
帯の中にいることよりもはみ出してもその子なりにどう成長しているのか、流れを知ることのほうが大切です。
はみ出しても特に気にする必要は、ありません。

★カウプ指数

カウプ指数って知っていますか?
カウプ指数とは、身長に対する体重の割合から赤ちゃんの体形を判断する目安の数値のことです。
成長段階によって身長と体重の割合が変わります。
そのため、同じ指数でも年齢によって結果が異なります。
カウプ指数は、体重と身長のバランスから体形を判断する目安の一つですが、体重の増加の流れを追うことはできません。
あくまでも乳幼児発育曲線を基本に考えましょう!
カウプ指数の計算式は、体重(g)÷身長(cm)÷身長(cm)×10です。

赤ちゃんの成長・体重には、個人差があるもの♪

 (70683)

赤ちゃんの体形や体重は、個人差があります。
同じ月齢の赤ちゃんでも体重が違ったり、体型が違うのは当たり前のことです。
他の赤ちゃんと比較して心配してしまうママもいると思いますが、乳幼児身体発育曲線で増加の流れを確認して疑問があるようなら健診の時に質問してみると良いです。
体形や体重が違うのは、赤ちゃんの個性の一つ。
他の赤ちゃんと違うと心配したり、見た目ばかりを気にせずに自分の赤ちゃんの成長をゆっくりと見守ってあげましょう!
ママやパパたちが太っていると赤ちゃんも太る?肥満になってしまう?と考える人もいるようですが、体重は、遺伝する可能性があります。
しかし、肥満の原因は体質だけではなくて生活環境を含んだ複数の要素が関係しています。
規則正しい生活、食習慣に気をつけていれば、赤ちゃんが肥満になる可能性は、低くなります。
赤ちゃんの体重は、ママが管理する必要はありません。
ぽっちゃりでも細めでも3歳ぐらいまでは、優しく見守ってあげましょう!

赤ちゃんの成長!自己判断はやめよう!発育・発達に悪影響が...

 (70686)

30 件

この記事を書いたライター