ママと赤ちゃんのお悩み相談♡生後1〜2ヶ月の赤ちゃんの発達とお世話について

初めての子育ては、わからないことだらけで悩みがいっぱいで不安になるもの。 ママもパパも親0歳! これから赤ちゃんと一緒に成長していくものです。 赤ちゃんの発達とお世話について徹底解説! いろんな悩みQ&Aママが楽になるようにアドバイス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/30 公開 | 157 view

ママと赤ちゃんのお悩み相談♡生後1〜2ヶ月の赤ちゃんの発達とお世話について

Q.生後1〜2ヶ月の時期の赤ちゃんはどんな様子?

 (53576)

新生児~2か月この時期の赤ちゃんは、ママのお腹の中から外の世界へと登場して新しい環境に慣れてだんだんと授乳や睡眠、昼と夜関係なくミルクを飲んでは寝る赤ちゃんの生活のリズムを少しずつ整えていく時期です。
昼と夜の区別がない生活に慣れるまでママは大変ですが、赤ちゃんのペースに合わせてお世話をしてあげましょう。
この時期の赤ちゃんは、まだあやしてもはっきりとした反応を見せてくれません。
でも周りの人や物に興味を持っています。
積極的に声をかけたり、スキンシップなどを心がけながら、赤ちゃんの成長を見守りましょう。
新生児期のお世話のポイントは、赤ちゃんが欲しがったら、ほしがるだけおっぱいをあげましょう。
聴力が発達しているので、優しく声をかけてあげましょう。
沐浴をして赤ちゃんを清潔にしてあげましょう。
そして、赤ちゃんが眠るときはうつぶせ寝は、窒息の恐れがあるので、いつも仰向けに寝かせましょう。

Q.原始反射ってなに?

 (53581)

原始反射って知っていますか?
生まれたばかりの赤ちゃんは、頭が急に後ろに傾いたりびっくりしたときに、両腕を広げて抱きつくような動きをします。
これは、モロー反射といって原始反射のひとつです。
原始反射は、無意識に行う動きで発達に従って消えていきます。
また赤ちゃんが眠っている時などに無意識にほほえむような表情をすることを「新生児微笑」といいます。
あやされて笑うようになるのは、2か月くらいからで、あやされて笑うことや、自分から笑いかけることを「社会的微笑」といいます。
赤ちゃんのほほえみは、本当に可愛くて癒されますよね。
育児で疲れていてもこのほほえみを見ると愛おしく感じます。

Q.赤ちゃんの心と体の発達について教えて!

 (53582)

1か月の赤ちゃん

新生児期に比べると、全体的に肉付きがよくなって、体に丸みが出てきます。
少しずつおっぱいやミルクを飲むのも上手になって、授乳後に満足そうな表情をしたり、ご機嫌な時は、「アー」と声を出すこともあります。
頭を左右に動かしたり、手足の動きが少しずつ活発になって動かしたり、上手に曲げたり伸ばしたりするようになります。
表情も豊かになって、泣き方にも違いが出てくるので求めているものがわかりやすくなってきます。
人の顔やガラガラや音が鳴るおもちゃを鳴らすと、その方向に顔を向けることもできるようになります。

2か月の赤ちゃん

昼と夜の区別がついて、夜に起きる回数が減って生活リズムができてきます。
あやすと反応するようになって、声をかけたり抱っこで優しく体を揺らしたりすると嬉しそうな顔をしたりします。
ご機嫌な時は、手足をバタバタして首もしっかりとしてきます。
腕の動きがスムーズになって、指しゃぶりする子が増えます。
手を自分で開いたり握ったりできるようになって、軽いおもちゃなどを持たせるとしばらく握っているようになります。
ご機嫌な時は、「アー」「ウー」など声を出すようになって、あやすと嬉しそうにするので笑顔を見れるようになります。
 (53589)

Q.赤ちゃんのお世話のポイントは?

 (53583)

28 件

この記事を書いたキュレーター