赤ちゃん用ルームの作り方♡家族みんなが快適なお部屋作りのポイントを大公開!

ハイハイやたっちが始まると行動範囲が広がって、興味のあるものにすぐ突進する赤ちゃん。 そんな赤ちゃんから目を離すと「危ない」ということがいっぱいあります。 家の中の危ない場所をチェックして安全なお部屋を作りましょう。 セイフティグッズも上手に活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/11 公開 | 283 view

赤ちゃん用ルームの作り方♡家族みんなが快適なお部屋作りのポイントを大公開!

赤ちゃんのための安全なお部屋作り

 (44581)

出産が近くなると赤ちゃんの物を準備したり、自分の入院準備をみなさん始めると思いますが、出産後どのようなお部屋で過ごすか想像したり、考えることも大切です。
赤ちゃんと過ごすお部屋は安全で安心ですか?
赤ちゃんと過ごすために赤ちゃんが快適に過ごしやすくて、ママやパパが赤ちゃんのお世話をしやすいお部屋にしましょう!
眠っていることが多い「ねんね期」から寝返りを打ってハイハイするようになる「ハイハイ期」たっちやつかまり立ちができるようになって支えなしで歩けるようになる「よちよち期」。
赤ちゃんの成長に合わせて必要なお部屋作りのポイントも変わってきます。
最適な環境を作れるように便利なセイフティグッズもご紹介します。
ぜひ、参考にして赤ちゃんのお部屋を作っていきましょう。
まずは、おうちの中の危ない場所をチェックしましょう!

赤ちゃんを遊ばせるお部屋

 (44833)

赤ちゃんは、パパやママの顔が見えるととても安心します。
バウンサーやハイローチェアなどに寝かせて顔が見えるようにいつでも赤ちゃんとアイコンタクトがとれるように工夫しましょう。
赤ちゃんが動き出せるようになったら、遊べるスペースを作りましょう。
周りには、さわっても大丈夫な物だけを残すようにして、あとは片づけましょう。

お部屋の温度と湿度もしっかり調節!

赤ちゃんの体温は、大人よりも0.5度程度高いもの。
大人がちょうどいいと思う温度も赤ちゃんにとっては暑いと考えた方がいいです。
また、乾燥はウイルスが発生しやすいので加湿も心がけましょう。
温かいからといって長時間赤ちゃんを床暖房のところで遊ばせると低温やけどする恐れがあります。
マットやカーペットを敷いて、赤ちゃんの健康に注意しましょう。

コンセント・電気コードには注意!

おうちの中には、足元にコンセントがいろんな場所にあります。
大人は、それほど気にならないと思いますが、赤ちゃんにとっては、視線の高さにあるコンセントに興味を持ちます。
部屋に置いてあったり、落ちているヘアピンなど電気を通すものを入れて遊んだりすると感電してしまう危険があるので注意しましょう。
ハイハイ、よちよち歩きの赤ちゃんは、床にはわせたコードに足をひっかけて転んだり、コードをひっぱって遊んだりして電化製品が落ちてくる可能性があち、大変危険です。
コードは、短くまとめて手の届かない位置に収納しておきましょう。
ケーブルローラーやソケットカバーを使うのもおすすめです。
 (44834)

角の鋭い家具やドアにも注意!

上手におすわりができない時期やよちよち歩きの時期は、赤ちゃんが転ぶことが多いものです。
そんな時にテーブルの角や固くて鋭いところに頭をぶつけてしまうと大変です。
打ち所によっては、危険も伴うのでガードする必要があります。
また、赤ちゃんのかわいい指を挟まないようにドアを開け閉めするときは、赤ちゃんの手の位置を確認してからにしましょう。
ドアがバタンと閉まらないようにドアストッパーや指挟み防止グッズを活用しましょう。
 (44837)

危険がいっぱいのキッチン

43 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事