ひな祭はこれで決まり!今年は手作りパーティーを楽しんじゃおう♪

もうすぐひな祭りですね!皆さんはもう今年のひな祭りの計画は立てましたか?毎年ひな人形を出して終わりだったり、ちらし寿司を食べて終わりだったりと、マンネリ化しがちなひな祭りですが、今年は手作り要素を加えて、いつもとは違うひな祭りパーティーにしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/08 公開 | 223 view

ひな祭はこれで決まり!今年は手作りパーティーを楽しんじゃおう♪

3月3日はひな祭り

Free photo: Japan, Hotel, Doll Festival - Free Image on Pixabay - 616246 (31329)

3月3日は女の子のお祭り「ひな祭り」ですね。
でもどうして3月3日に行うのかを考えたことがありますか?

実はひな祭りの起源は、はるか昔中国でのお話が基となっています。

そのお話がこちらです。
昔々中国に徐肇(じょちょう)という男がいました。

そして
3月1日に、徐肇に三つ子の女の子が次々と誕生しました。

ところが、
3日後に3人共亡くなってしまいます。

徐肇の村人たちは
これは何かの祟(たたり)かもしれないと
身を清めるため酒をもち合い川辺で沐浴(もくよく)し
禊(みそぎ)を行いました。
 (31336)

このお話が基となり、中国ではこの禊を行った日のことを「上巳の節句(じょうしのせっく)」と呼び、日本にも「3月3日は邪気を払う行事」として伝わってきたそうです。

ちなみに、この上巳の節句は当初女の子の行事ではありませんでしたが、江戸時代に「五節句」が制定されると、5月5日は「端午の節句」=男の子の節句、3月3日は「桃の節句」=女の子の節句として定着していったんですよ♪

もしお子さんから「どうして3月3日がひな祭りなの?」と聞かれたら、このお話を聞かせてあげるといいですね♪

今年はひな祭りを親子で手作りで楽しもう♪

 (31349)

さて肝心なひな祭りの準備ですが、みなさんは毎年どんな工夫をしていますか?

「え・・・工夫って、普通にひな人形を出すだけだけど・・・」

と思ったあなた!
今年のひな祭りはお子さんと一緒に「手作り要素」を少し加えて、世界に1つだけのひな祭りをしてみませんか?

でも手作りと聞くと

「私器用じゃないし・・・」と思ってしまう方も中にはいらっしゃいますよね。

大丈夫です!
手作りといっても、そんな大掛かりなものでなくていいんですよ^^

以下のポイントを押さえて、是非お子さんとチャレンジしてみてください!

まずはテーマカラーを決めよう♪

Free photo: Clothespins, Colorful, Laundry, Jam - Free Image on Pixabay - 43231 (31358)

ひな祭りパーティーに限らず、パーティーを成功させる基本は「テーマカラーを統一する」こと!

お部屋の中に沢山の色が混ざってしまうと、ごちゃごちゃした印象になり、統一感がありません。
まずはお子さんと一緒にテーマとなる色を1つ決めてみましょう♪

といっても、いきなりだと色を1つ決めるのも難しいですよね。
そこで、テーマカラーが統一されたなひな祭りの様子をいくつかご紹介します♪

テーブルカラーをピンクに♡

ひな祭りの定番カラーのピンクを取り入れたテーブルコーディネートです。

この方はテーブルクロスとシャンパンをピンクで統一されている他、料理にも桜でんぶやハム等でピンクを取り入れているのが素敵ですね♡
63 件