もしかして妊娠!?妊娠超初期のママの症状と注意点について徹底解説!

妊娠超初期は元気な赤ちゃんを産むためにもとても大切な時期です。ですが、妊娠超初期は自分でも気づいていないことが多いのです。今回は妊娠超初期の症状や体の変化、そして注意点について紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/04/06 公開 | 911 view

もしかして妊娠!?妊娠超初期のママの症状と注意点について徹底解説!

「妊娠超初期」とはいつの時期?

Free photo: Pregnant, Beach, Sunset, Mother - Free Image on Pixabay - 422982 (54728)

「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0~3週のことを言います。妊娠0週0日は最終月経の初日になります。ですので、妊娠1日目は生理の2日目ということになります。以降7日で1週、そして4週を1ヶ月とカウントしていきます。
生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血、眠気などの体調の変化を感じる人もいます。

妊娠までの流れ

Free photo: Baby, Birth, Born, Care, Cute - Free Image on Pixabay - 22079 (54729)

妊娠2週に排卵が起き、卵管膨大部というところまで移動した卵子へ精子が入り、受精します。受精し、受精卵となった卵は約6日かけて支給へ到着し、子宮内膜に接着します。この時点で妊娠3週です。

また同時にヒト絨毛性ゴナドトロピン(hcg)というホルモンの分泌が開始します。このヒト絨毛性ゴナドトロピン(hcg)は妊娠しないと分泌されないホルモンです。これが、妊娠を維持するために妊娠黄体を刺激し、エストロゲン、プロゲステロンを生産させ、甲状腺を刺激します。ヒト絨毛性ゴナドトロピンにより妊娠が継続されている場合は4週に来るはずの生理が来ません。生理が1週間遅れているのであれば、妊娠5週ということになります。

妊娠超初期の症状っていつから?

Free photo: Woman, View, Stockholm, Sweden - Free Image on Pixabay - 1759758 (54730)

一般的につわりと言われれる、妊娠の症状がわかる生理予定日から1週間後のことは「妊娠初期」になります。妊娠超初期症状は生理予定日前に起こる症状のことを指します。しかし、妊娠した人が全員出るというわけではありません。早い人は生理予定日の1~2週間前に症状が出ます。妊娠検査薬等で検査が可能になる時期より前に症状が出ることを妊娠超初期症状と言います。

妊娠超初期に現れる症状

Free photo: Pregnant, Reflection, Pond, White - Free Image on Pixabay - 1539801 (54735)

妊娠超初期症状の現れ方は人ぞれぞれです。超初期症状が出る人や出ない人、またその症状に気づく人、気づかない人もいます。今回は比較的多い妊娠超初期の症状を紹介します。

出血

Free photo: Rose, Red, Rosa, Morning - Free Image on Pixabay - 1642970 (54731)

少しだけ出血があり、生理だと思ったら止まったり、おりものに血が混ざっているような症状が出たらそれは着床出血かもしれません。
受精卵が着床した際に、子宮の壁が傷ついて出血することを着床出血といいます。
生理とは違い、血もごく少量で1日で終わってしまうことが多く、個人差はありますが、長くても3日ほどです。
生理予定日より早めの出血で生理だと思ったらすぐに終わった。という場合は妊娠超初期症状かもしれません。
39 件