女の子の妊娠確率をアップさせる方法は?メカニズムやコツを知って産み分け成功を目指そう!

妊娠するならできれば女の子がいいな!産み分け出来るなら試してみたいけど、どうすればいいの?そんな悩みを抱えている人必見!この記事では性別がどのように決まっているのかそのメカニズムを始め、女の子を妊娠するためのコツや男女別おすすめの食べ物など詳しく紹介!また女の子の妊娠に不可欠な排卵日を特定する方法や、病院での産み分け方法についても解説していきます。不安や気になることをしっかり解消し、ぜひ産み分けにトライしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/17 公開 | 82 view

女の子の妊娠確率をアップさせる方法は?メカニズムやコツを知って産み分け成功を目指そう!

どうすれば女の子を妊娠するの?メカニズムは?

 (150325)

女の子を妊娠するかどうかは、男性の精子によって決まるということ知っていますか?男性の精子の中には、X染色体Y染色体があります。そして、X染色体と卵子が受精すると女の子が、Y染色体と卵子が受精すると男の子が産まれます。そう、女の子を妊娠したいときは、X染色体と受精させる必要があるのです。

X染色体とY染色体それぞれの特徴は以下の通り!

【X染色体の特徴(女の子)】
・寿命が2~3と長い
・酸性に強くアルカリ性に弱い
・動きが遅い
・Y染色体より少ない

【Y染色体の特徴(男の子)】
・寿命が1日と短い
・アルカリ性に強く酸性に弱い
・動きが速い
・X染色体より多い


染色体の数だけを見ると女の子は産まれにくいと考えられるかもしれません。でも女性の膣内は酸性でY染色体は生きづらく、多くが死んでしまいます。そのため女の子と男の子が産まれる確率は、半々と考えられているのですよ。

女の子を妊娠するためのコツは?

 (150330)

女の子を妊娠するためには、X染色体と受精させる確率をあげることが大切です。ではどうすれば良いのか、コツを紹介していきましょう。

タイミングは排卵の2日前に行う

女の子が産まれるX染色体は短命なY染色体に比べて、卵管に長くとどまることができます。そう、射精から排卵までの期間が長い方が、女の子が産れやすいのです。X染色体をもつ精子の寿命を考えると、2日前にタイミングをとるのが理想と言えますね。

また排卵日は膣内がアルカリ性になるため、X染色体にとって生きづらい環境になります。そのため膣内が酸性のうちに行うという意味でも、2日前がベストなのです。

あっさり目の行為を心がける

女性の場合オーガニズム(強い快感)を感じると、膣内がアルカリ性になります。X染色体はアルカリ性に弱いので、数が減ってしまい女の子が産まれる確率が下がってしまうのです。

極力膣内を酸性に保つためにも、あっさり目の行為を心がけましょう。また酸性に弱いY染色体を長く膣内にとどまらせるためにも、射精は浅め(膣の入り口付近)にするもの良いですよ。

射精は定期的に行う

普段から射精をしていないと、精子が濃くなってしまいます。濃い精子はY染色体の増え、X染色体の数が減ってしまうのです。さらに射精しない期間が長いと精子の質自体が悪くなってしまうので、2~3日に1回程度射精を行うようにしましょう。

産み分けゼリー(女の子用)を使う

産み分けゼリーは膣内を酸性又はアルカリ性の状態をキープするためのゼリーです。女の子用は膣内を酸性にするピンクのゼリーになります。このゼリーは基本的に食品をもとに作られているので、安全性も高く赤ちゃんに何らかの影響が出ることもないので安心してくださいね。

産み分けゼリーのおすすめはコレ!

34 件