赤ちゃんとのお出かけを楽しく過ごすコツとは?子連れにオススメのスポット大公開♡

赤ちゃんとお出かけは楽しいものですが、どこへ行けばいいのか悩みます。 荷物や移動、周囲への気遣いなどで考えることがいっぱいです。 持っていくと便利な物や楽しく過ごすポイント、赤ちゃん連れでも気軽に行けるスポットご紹介。 ファミリーで春にお出かけの計画をたてましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/15 公開 | 298 view

赤ちゃんとのお出かけを楽しく過ごすコツとは?子連れにオススメのスポット大公開♡

抱っこ紐は混雑時に大活躍!

 (46674)

赤ちゃんとお出かけには、荷物がいっぱいになりがちですが、必要な物だけを準備しましょう。
お出かけには、ベビーカーを使うママがたくさんいると思います。
しかし、混雑時はベビーカーだと周囲に気を使うので抱っこ紐でまわるママも多いようです。
ベビーカーだと周囲の人とぶつかってしまったりという可能性もありますが、抱っこ紐だとママと赤ちゃんが密着していて周囲に気を使うこともなく、水族館や動物園などに行くときは、赤ちゃんの目線も高くなって生き物もよく見えて赤ちゃんにとっても抱っこ紐は良いと思います。
お出かけの時は、抱っこ紐も準備しておくと良いでしょう。

おすすめの抱っこ紐ご紹介

エルゴベビーの抱っこ紐のおすすめポイントは、別売りのインファントインサートを使用すれば首がすわる前からも使えることです。
インサートなしで新生児から使えるアダプトタイプもあります。
首がすわる前でも検診や外出する機会はたくさんあります。
どこかへ行くときは、赤ちゃんを両手で抱っこしていると鞄も持つことができません。
ずっと抱っこしていると疲れてきます。
でもエルゴベビーの抱っこ紐は、他の抱っこ紐に比べて肩ひもが太くてクッション性もあり、長時間の抱っこも疲れません。
首がすわる前から使用できて赤ちゃんの月齢が上がっても長く使えるものなのでおすすめです。
アップリカは、ベビーカーやチャイルドシートでもよく知られています。
こちらの抱っこ紐は、首すわりまでの赤ちゃんは、よこ抱っこができます。
頭と首を安定させて、おなかを圧迫しない赤ちゃんにもママにも負担が少なく、安心です。
疲れにくい腰ベルトもついています。
首すわり前の赤ちゃんは、よこ抱っこが基本です。
よこ抱っこは、姿勢保持に伴う筋活動が少ないため赤ちゃんが疲れにくく、自然な抱っこの姿勢で新米ママにも安心なのでおすすめです。

持っていくと便利な物

 (46681)

赤ちゃんとお出かけした時に持っていくと便利な物を紹介します。
・オムツやミルク
オムツとミルクは、持っていくと便利なものというよりは、外出に欠かせない物です。
赤ちゃんは、おしっことうんちの回数が多いのでオムツは、多めに持っていきましょう。
オムツを替えたときに困るのがオムツ処理ですが、オムツ専用のゴミ箱がない場合は、必ず持ち帰るようにしましょう。
その時にジップロックの密閉できる袋があると匂いなどが漏れずに便利です。
そして、ミルクはキューブタイプやスティックタイプの物が外出先でもすぐに簡単に作れて便利です。

・着替え
授乳後にゲップと一緒にミルクを吐いてこぼしてしまったり、オムツから尿が漏れてしまったりと服が汚れてしまうことがあります。
そんな時のために着替えを持って行っておくと便利です。
汚れた服を入れるための袋も持って行っておくと便利です。

・お手拭きティッシュ
その辺をベタベタと触っていろいろ触れた手を口に入れたりしてしまう赤ちゃん。
いつでも清潔にしてあげるためにお手拭きティッシュでふきふきしてあげましょう。

・上着やひざ掛け
日が暮れてくると気温差が出て少し寒くなるので上着やひざ掛けなどが一枚あると便利です。
屋外を回るときは、虫よけや日焼け止めもあると便利です。

・すぐに食べれるお弁当
お昼ごはんには簡単なお弁当を持っていくと良いでしょう。
おなかが空いたらベンチなどですぐ食べれるような物など準備しておくとレストランや食べるところが混んでいても大丈夫です。

楽しく過ごすポイント

 (47806)

赤ちゃん連れで楽しく過ごすポイントは、午前中にのんびりまわることです。
まずは、ロッカーに荷物を預けましょう。
最低限の赤ちゃんに必要な物だけを持って行動します。
ママも身軽な方が行動するのにも楽で楽しめます。
着いたらまず、おむつ替えと授乳室とトイレの場所をチェックしておきましょう。
いざ授乳したい時などに場所がわかっていればすぐに行くことができます。
そして、イベントやいろいろな体験ができる場所、動物園や水族館のような生き物とコミュニケーションがとれるふれあいの場、えさやり体験など貴重な体験をさせてあげるのも楽しく過ごすポイントです。

おすすめの水族館紹介♡

33 件

この記事を書いたライター