妊娠初期にみられるつわりの種類や症状について徹底解説!!

妊娠すると体の変化としてすぐにわかる症状がつわり。 つわりは、いつからいつまであるのでしょうか? 中には、妊娠中つわりが全くない人や妊娠初期から妊娠後期まで長い期間つわりがある人もいます。 人それぞれあると思いますが、実際つわりの症状とはどんなものでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/15 公開 | 282 view

妊娠初期にみられるつわりの種類や症状について徹底解説!!

つわりって一体なに?

 (9961)

つわりという言葉を耳にしたことはありますか?
よくドラマなどで女性が「うっ」と口を押さえてトイレに急いで駆け込むシーンなど見たことがあると思います。
つわりとは、妊娠中に現れる吐き気や体調不良のことです。
一般的に吐き気や嘔吐と知られていますが、頭痛や眠気、倦怠感などもつわりの症状です。
妊娠した女性の半分以上がつわりを経験しています。
つわりの程度や症状は、人によって様々ですが、その違いによって赤ちゃんや母体に異常があるというわけではないので心配する必要はないでしょう。

いつからつわりって始まるの?

Free photo: Pregnant, Nature, Mom - Free Image on Pixabay - 775028 (59113)

つわりは、妊娠5週ごろから始まって妊娠16週ぐらいまで続くと言われています。
症状の強さなど時期により異なりますが、1~2か月は吐き気が続くでしょう。
多くの妊婦さんが16週ごろまでにつわりがマシになっていくのは、未熟だった胎盤が完成してホルモンのバランスが落ち着いてくるからだと考えられているようです。
妊娠16週以降になると「安定期」に入り、体調も落ち着いてきます。
つわりのピークも人によって違いますが、だいたい妊娠8~11週ぐらいが一般的にピークだと言われています。
少しずつ落ち着いてきますが、中にはずっとつわりがひどい状態が続いて産婦人科で治療が必要になる場合もあります。
その時は、我慢せずに早めに医師に相談しましょう。
また、人によって妊娠初期にはつわりがなかったの妊娠後期につわりが現れる人もいます。
一度おさまっていたつわりがぶり返すこともあります。
妊娠後期のつわりの原因は、胃や腸などの消化器官が大きくなった子宮に圧迫されて気持ち悪くなることです。
つわりは、本当に人それぞれで始まる時期も違います。
出産までつわりに悩まされる人もいます。
特に初産婦ほどつわりが起きやすいようです。

つわりの症状ってどんなもの?

 (9959)

つわりの症状は、吐き気や嘔吐。
胃がむかむかして吐き気が続き、食後に吐いたりします。
そして、においにも敏感になります。
食べ物のにおいや、洗濯物のにおい、たばこのにおいなどで吐き気を起こすこともあります。
食欲不振になったり妊娠前と食べ物の好みが変わったり、あまりにも吐き気が続くと食欲もなくなったりします。
なにも食べていなかったら吐かないのか?と思いますが、お腹がすいて空腹状態でも気持ち悪くなり吐いてしまうこともあります。
なにか少し食べると落ち着きますが、食べるとまた吐いての繰り返し。
そして、常に体のだるさを感じて眠気を感じます。
朝歯磨きをしたら歯磨き粉で気持ち悪くなり吐いてしまう人も多いようです。
そのため妊娠でつわりがひどいと歯磨きが不十分になり、歯がボロボロになってしまう妊婦さんも多いようです。
妊娠すると気持ち悪く吐いてしまうだけではなく、体も変化していってしまいます。

つわりの種類

 (9960)

つわりにも種類があります。
吐きつわり
常に吐き気があって何を食べても吐いてしまいます。

食べつわり
空腹時になると吐き気が強くなります。
何か食べたいわけじゃないのについついなにか口に入れておかないと気持ち悪くなり、履いてしまいます。

よだれつわり
唾液の分泌が増え、つばが気持ち悪く感じのみこめなかったりします。

においつわり
今まで気にならなかったのに食べ物のにおいや洗剤、たばこのにおいが気になり吐いてしまいます。

げっぷつわり
げっぷが増えてげっぷと一緒に吐きそうになります。

つわりがひどい時にマシになる食べ物は?

 (9967)

つわりがひどいと本当に何も食べたくなくなります。
しかし、空腹状態も気持ち悪くなります。
つわりの時期は、赤ちゃんに栄養を与えるためにと思って無理に食べようとしなくても大丈夫です。
つわり時期は、頑張って食べなくても食事1回の量を減らし何回かにわけて胃腸に負担をかけないようにしましょう。
レモン水やスポーツドリンク、緑茶など飲みやすいものを飲んでこまめに水分補給をとりましょう。
氷のかけらを口に含むのも良いでしょう。
酸味のあるレモン飴、ガムや梅干しは口に入れることで不快な気分がマシになります。
グレープフルーツやレモンなど精神的なリフレッシュ、胃もたれのムカムカもサポートしてくれるので良いとされています。
あと、しょうがも吐き気を抑える効果があり、つわりに良くしょうが湯を飲んだりしても良いでしょう。
つわり中はなにを食べても気持ち悪いと思いますが、少量ずつでも無理せずに食べれるときに食べるようにして水分補給を忘れずに乗り切りましょう。
34 件

この記事を書いたキュレーター