おせち料理の由来とは?食材の種類と意味について学ぼう!通販で買える名店おせちベスト5

お正月になると日本人なら誰でも食べる「おせち料理」。実は1つ1つの食材には、願いが込められているのはご存知でしたか?なんとなく食材の意味や種類について知っていた人も、そうでない人も、これを機に学んでみてはいかがでしょうか。そこで今回は、おせち料理の由来から食材の意味についてご紹介します。 お子さんと一緒に、日本の伝統文化に触れるきっかけづくりになればと思います。さらに、通販で手軽に購入できる名店の「おせち料理」もご紹介。見た目も豪華、味も大満足の有名店のおせち料理で、良い年を迎えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/10/04 公開 | 46 view

おせち料理の由来とは?食材の種類と意味について学ぼう!通販で買える名店おせちベスト5

おせち料理をお正月に食べる意味とは?

 (129535)

おせち料理とは、漢字で「御節料理」と書く通り、本来は季節の変わり目の『節句』に、神様へお供えする物=御節供(おせちく)でした。このように、本来は、お正月限定の食べ物ではなく、「節目」を祝うための料理であったわけですが、江戸時代にこの行事が庶民に広まり、現在のおせち料理のように1年に1度、日本人にとって最も重要な「お正月」に食べるようになったと言われています。

そもそも御節料理を食べるようになった由来は?

Question Mark Why Problem · Free photo on Pixabay (129536)

前述したとおり、おせち料理は、元々は五節句や元旦などの節目を祝うための「神様へのお供え物」であったので、昔の人は神社やお寺のお堂などに籠って、謹んで頂くというのがマナーでした。

そのため、当日は、神様に失礼のないよう、物音を立てないようにと”あらかじめ”おせち料理を作っておき、これを重箱に詰めておくのが良いとされていたのでだそうです。こうして、今のおせち料理のように前もって作っておいた料理を、お正月の三が日に食べるという風習が始まりました。

旧年中にまとめて作ることから、おせち料理は保存の効く食材が中心となり、そのほか、その土地でとれた食材を使い、神様への収穫物の報告と感謝の意を表したのだとも言われています。また、お正月の三が日に、主婦を家事から解放するという意味も込められているようです。

おせち料理の食材も、時代と共に変化し、人々の暮らしや食生活が豊かになると、魚や海老などの海の幸を盛り込むようになりました。そして現在のような豪華なおせち料理へと進化していったのです。

おせち料理の詰め方にはルールがある!?

 (129537)

おせち料理は、”めでたさを重ねる”という意味が込められているため、「重箱」に詰めるのが本来の形です。正式なおせち料理は「四段重」ですが、最近は三段重が一般的となってきました。五段重の場合は、五段目は年神様から頂いた福を詰めるという意味で空にしておくのが定番です。大家族の場合は、家族の好きなものを詰めるということもあります。

また、重箱に食材を詰める『詰め方』にもルールがあります。食材の意味はなんとなく知っていたという人でも、どの段にどの食材を詰めるかについてまでは知らなかったという人も多いでしょう。

多少その土地で異なることもあるようですが、今回は一般的な四段重の詰め方についてご紹介しますので、ご自宅で作られる際の参考にしてみてください。

おせち料理「一の重」

 (129538)

まずはおせち料理の1番上の段に来る「一の重」からご紹介します。一の重には、お祝い事に相応しい「祝い魚」やかまぼこやきんとん、黒豆などのお酒の肴になるような甘い味付けの食材を詰めます。

◆田作り

田作りとは、カタクチイワシの稚魚を干して飴炊きにしたもののことです。これは、カタクチイワシを農作物を作る際の肥料にしたことで、豊作となったことから『五穀豊穣』を願う意味が込められています。ちなみに、この田作りのことを「五万米」の字を当てて「ごまめ」と呼ぶこともあります。

◆黒豆

83 件