離乳食の進め方!赤ちゃんに食べる喜びを教えよう♪ (page 3)

わからないことだらけの、初めての離乳食デビュー。どんなものを作ればいいの?使っていい食材、だめな食材は?どんな風に進めていけばいいの?と、疑問はたっぷりです。初めての手作り離乳食にチャレンジするママのために、進め方やおススメレシピなどをまとめました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/06 公開 | 484 view

離乳食の進め方!赤ちゃんに食べる喜びを教えよう♪

ステップ②中期

 (17534)

7~8ヶ月ごろになったら、そろそろ赤ちゃんも離乳食に慣れてきたでしょうか?食べることが大好きになっている子もいるかもしれませんね。

この時期になると、今まで1回だった離乳食を1日2回にしていきましょう。

午後の授乳一回を、離乳食+授乳に

今までは午前中1回だった離乳食を、午後にも一度増やします。
一日の過ごし方の一例は、こんな感じです。


6時 授乳
10時 離乳食+授乳
14時 授乳
18時 離乳食+授乳
22時 授乳


授乳や食事のリズムはお子様によって違いますが、なるべく毎日同じような時間帯になるように心掛けましょう。

また、初めて与える食材は、初期と同じように午前中にあげるようにしましょう。

初期よりほんの少しだけ、食感があるメニューへ

初期は「飲み込める」ようなものを与えてきましたが、この時期になってくると「舌でつぶせる」ような固さのものを作るようにします。
固さのイメージでいうと、豆腐くらいを想像してください。

また、今までは食材をすりつぶしてなめらかにしていましたが、徐々に「やわらかで細かいかたまり」にしていきましょう。
魚でいうと細かくほぐしたり、野菜でいうとあらく潰したりみじん切りにする感じです。

離乳食中期の量の目安は?

中期に与える1回の食事量はこんな感じです。

1.おかゆ(主食) 50~80g
2.野菜・果物 20~30g
3.魚・肉 10~15g または豆腐 30~40g

3のたんぱく質源は、アレルギーに注意しながら乳製品や卵にしても大丈夫です。
乳製品の場合、無糖のヨーグルトを50~70g、卵の場合は卵黄1つ分か全卵3分の1程度です。
魚は白身魚、肉は鶏ささみ・とりむね・鶏挽肉を使用しましょう。

離乳食中期のおススメメニュー

初期のころに比べたら、肉や卵や乳製品など、使える食材が増えてくる中期。
メニューに悩みやすい離乳食ですが、レパートリーが少し増えてきますね。
また、すりつぶして裏ごしなどの手間が多かった初期に比べ、ちょっとだけですが調理の手間も減っていきます。

離乳食中期におススメなレシピをいくつか紹介します。
94 件

関連する記事