幼児教育はまず家庭から!子どもの将来のために幼児期の”今”しておくと良いことは?

幼児教育と聞くとどういうイメージを抱きますか?子どものためにやるべきもの?小さいのにお勉強なんてかわいそう?私は長男が1歳くらいの時に、周りのママ友が教育について話していて、びっくりした覚えがあります。本当に小さい頃からの教育は必要なの?効果があるの?と悩んでいるママに。むずかしく考えなくてもできる、おうちでできる幼児教育方法をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/13 公開 | 333 view

幼児教育はまず家庭から!子どもの将来のために幼児期の”今”しておくと良いことは?

幼児教育っていつからするもの?

Free photo: Girl, White, Fun, Kid, Literature - Free Image on Pixabay - 3038974 (111102)

幼児教育って、いつからいつまでの教育のことを指すと思いますか?早いママだと妊娠中から、お腹の赤ちゃんへ・・・と考える方もいますよね。

幼児教育とは1歳から6歳までに受ける教育

定義としては1歳から6歳までに受ける教育のことを「幼児教育」といいます。1歳といえば、個人差はありますが自分で立って歩くことができる頃。言葉も個人差がありますが、大人の言うことがなんとなく分かってくる頃ですよね。

その頃から就学前の子どもに施す教育のことを幼児教育といいます。しかし、この時期に絶対始めなきゃいけない!というものではありません。

幼児教育の必要性や効果は?

Free photo: Book, Literature, Paper, Education - Free Image on Pixabay - 3207499 (111794)

私も悩んだの幼児教育の必要性。また幼児教育をすると、どんな効果があるのでしょうか。

◎幼児教育は必要?

幼児教育は必要かどうかについては、先述したように必ずしなければいけないものではありません。家庭の教育方針にもよりますし、お金がかかる幼児教育に関しては家計との相談も必要です。幼児である期間が終わった子を持つ私も、必ず必要だったかと聞かれるとそうでもないかな、とは思います。

しかし、幼児教育をしていたママの中には、何かしらの効果を感じたという方は多いのではないでしょうか。

◎どのような効果が感じられるの?

幼児教育をすることにより、感じられる効果は主に次のようなものではないでしょうか。

・就学前に読み書きができるようになった
・学習習慣がついた
・本が好きになった
・ルールが守れるようになった
・学校での勉強に役立った
・(習い事などに通う場合)集団生活に慣れた
・親子の会話が広がった

幼児教育といっても、お勉強ができるようになるだけが目的ではありません。学習する習慣がついたり、勉強することに対しての抵抗感を無くしたりすることも。生活のルールをしっかり学ぶことも、幼児教育では大切なポイントですよ。

◎幼児はシナプスの数が増える時期

Free photo: Babe, Smile, Newborn, Small Child - Free Image on Pixabay - 2972221 (111805)

目に見える効果は上記のようなものですが、目に見えない効果が期待できるのも幼児教育です。

シナプスという言葉を聞いたことがありますか。シナプスとは脳の神経細胞を繋ぐ、ネットワーク回路。情報伝達をする部分で、このシナプスの数が多いほど、賢い、優秀であると一般的にいわれています。

このシナプスの数ですが、3歳までに80パーセントが完成し、12歳の頃には完成しきるとのこと。ならば、このシナプスの数が急激に増える幼児のうちに、何かしたい!と思う親も多いのが頷けますね。
70 件