知らぬうちに育児ストレスに…頑張りすぎないための本9選!ママの笑顔で家族もハッピーに!

毎日の家事育児、そして仕事とママは1日フル活動しています。心も体もしっかり休まずに過ごしていると疲れも蓄積されストレスは感じやすくなるもの…。特に育児というのは毎日予測もつかないことで日々のスケジュールが突然変更されることも多々あります。育児ストレスを抱えイライラしてしまう自分に自己嫌悪になっていませんか?同じようにストレスを抱え悩んでいるママたちはたくさんいます。今回はさまざまな育児ストレスについて考えながら、悩みに寄り添った本を9選ご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/06/04 公開 | 154 view

知らぬうちに育児ストレスに…頑張りすぎないための本9選!ママの笑顔で家族もハッピーに!

育児ストレス感じていませんか?

Adult Annoyed Blur - Free photo on Pixabay (150941)

約10ヵ月という期間を経て我が子を出産したママ。可愛い赤ちゃんの誕生に家族中が喜びに溢れたことでしょう。

しかし、人を育てるというのは本当に大変なことです。特に育児の大部分を背負っているママにとっては、産前とは全くの生活リズムの違いに戸惑いを覚えることでしょう。
授乳、夜泣き、離乳食、グズリ…これらは赤ちゃんが成長していく上で必要なことではあるのですが、その対応に追われるママは大変です。

育児でイライラしたり疲れが溜まってしまうのは、多くのママが感じています。

これから、育児の悩みになりやすいものをご紹介いたします。
あなたの悩みに共通することがあるかもしれません。

また育児を頑張ろうと前向きな気持ちに少しでもなれたら嬉しいです。
そうなんです。子どもは可愛いです!しかし、ママといえども24時間一緒となると疲れが出てきます。
イライラしてしまう自分に気づきながらも育児をしているママは多いことでしょう。

ストレス原因①子どもがご飯を食べてくれない!

Rice Ball Food Diet - Free photo on Pixabay (150944)

離乳食や幼児食で悩むママは多いことでしょう。

ご飯にあまり興味を示さずご飯の時間になっても遊びに夢中だったり、食べることを拒否することもあり、ママとしては栄養面を考えてご飯を作っているので、食べてくれないことで悲しくなってしまうこともあります。

また、ご飯は何でもモリモリ食べるというお子さんもいらっしゃいますが、成長するにつれて好き嫌いが激しくなったり食事量が突然かなり減ったりと心配になってしまうこともあります。

このように食事に関する悩みはさまざまでママ1人の知恵では解決の方向にいかないこともあります。

そんな時は、お住まいの地域の子育て相談をぜひ利用してくださいね。
また、離乳食の講座を開かれていたりすることもあるので参加してみるのもよいでしょう。

子どもの食事に関する書籍も多々あります。
その中でもおすすめの本をご紹介します。

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養 | 加藤 初枝 |本 | 通販 | Amazon

1,728
Amazonで加藤 初枝の好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 初枝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
離乳食が完了したと思ったら、今度は幼児食の始まりです。
大人と同じご飯になるのはまだまだ時間がかかりますが、子どもの発達において幼児食はとても大切です。

おとなごはんと一緒に作るこどもごはん | フルタニ マサエ |本 | 通販 | Amazon

1,404
Amazonでフルタニ マサエのおとなごはんと一緒に作るこどもごはん。アマゾンならポイント還元本が多数。フルタニ マサエ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またおとなごはんと一緒に作るこどもごはんもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
子どもが好きそうなご飯を作ろうとすると、大人のご飯にするには物足りなかったりというのはよくあることです。大人のご飯を作るときに子ども向けにアレンジするのが1番スムーズにご飯作りが進みますよ。

ストレス原因②子ども中心の生活リズムでママの時間がない!

Baby Small Child Laugh - Free photo on Pixabay (150946)

出産する前までの生活と子どものいる生活では変化が著しいですよね。

まず子どもは規則正しい生活をしなければいけません。
そのために、ママは朝早く子どもを起こし…から1日が始まります。

まだ赤ちゃんのうちは寝る時間も多いですが、歩き始め外に出たがるようになり、家にいるとつまらなくてグズリ始めてくると散歩に出かけたり児童館に連れて行ってみたりと子どもが楽しめるようにママも考えていかなくてはいけなくなってきます。

そうなると、なかなかママのやりたいことが出来なかったり、これまで仲の良かった友人とも頻繁に会えなくなって寂しい気持ちになってしまうこともありますよね。
子どもを出産したことで、自分自身を見失いそうになる方は多いことでしょう。
ママがしたいことは、家事育児の隙間時間しかありません。
その隙間時間を作ることさえも大変難しいのです。
49 件