野菜たっぷり♡大根餃子の作り方からアレンジまで!ヘルシーなおかずで賢く痩せよう!

餃子の皮の代わりに「大根」を使った大根餃子の作り方からアレンジレシピを紹介します。ヘルシーでグルテンフリーな大根餃子はグルテンアレルギーの人でも食べることができ、ダイエットにも◎!ヘルシーなおかずで賢く痩せましょう!大根が甘くなる秋~冬におすすめのレシピです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/27 公開 | 135 view

野菜たっぷり♡大根餃子の作り方からアレンジまで!ヘルシーなおかずで賢く痩せよう!

大根餃子とは?

Free illustration: Vegetables, Food, Groceries, Diet - Free Image on Pixabay - 1104166 (93273)

餃子は大人も子供も大好きなメニューですよね。夕飯に多く登場するという家庭もあるでしょう。餃子には水餃子や焼き餃子などの種類がありますが、その中に「大根餃子」というものがあります。その名の通り、大根を使った餃子なんですが、普通の餃子と異なるところは「餃子の皮の代わりに大根を使う」ところです。薄く切った大根を餃子の皮として使うことで、普段とは違った不思議な触感や美味しさが楽しめます。作り方も普通の餃子とあまり変わらないので、誰でも作ることができます。皮で包む工程がないので、子供といっしょに夕食作りにも向いています。
大根餃子は餃子の皮を使わないので、グルテンを気にする人や糖質を気にする人にも向いています。グルテンも取り過ぎれば中毒になる恐れがあるので、普段からなるべく減らしていきたいですよね。大根餃子はお肉と野菜、片栗粉を使うので低グルテン・低脂質。健康に気をつけるママにとって心強いレシピですよ!

大根餃子の良いところ

Free photo: Radish, Raphanus, White, Vegetables - Free Image on Pixabay - 2290709 (93275)

大根餃子には食感が不思議・おいしいといったこと以外にも良いところがあります。餃子って何かと油を多く使用しますし、餃子の皮もカロリーが高い…。ダイエット中に食べたくても、カロリーが気になって食べられないということもあるでしょう。しかし大根餃子ならそんな悩みもへっちゃらです!低カロリーの大根餃子はダイエット中でも美味しく食べられるレシピです!

低カロリー

 (93279)

餃子の皮を使わずに大根を使うこと、大根から水分が出るので少量の油でも焼けることから通常の餃子に比べると低カロリーです。カロリーが低いのでダイエット中にも食べられますし、糖質を気にしている人でも安心して口にできます。皮が大根でも十分おいしいので、普通の餃子が好きな人でもおいしく食べられます。また餃子の皮よりも大根の方が安いので、大量生産したいときにも大根餃子は活躍します。

低グルテン

Free photo: Nature, Landscape, Field, Sky - Free Image on Pixabay - 2531760 (93282)

大根餃子は餃子の皮を使用せず、片栗粉を使います。片栗粉だけを使う場合にはグルテンフリーになりますが、片栗粉の代わりに小麦粉などを使う場合には低グルテンになります。グルテン中毒やアレルギーを持っている人でも安心して餃子が食べられるのは嬉しいですよね。グルテンは取り過ぎると中毒になる恐れがあるので、些細なところでもグルテンを減らしたいという人に大根餃子は向いています。

大根餃子の基本的な作り方

Free photo: Table, Wood, Fresh, Organic - Free Image on Pixabay - 2879201 (93284)

39 件