ピーマンの苦味は切り方で抑える!子供でもペロリと食べれる方法と美味しいレシピ♡

ピーマンって苦くてシャキシャキとしているから嫌い!という子供って多いですよね。しかしそんなピーマンの苦味も切り方ひとつで抑えられるって知っていますか?ピーマンの切り方一つで子供がペロリと食べてくれることがあるので、子供がピーマン嫌いで悩んでいるママはこれを見てピーマンを食べてもらいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/12/05 公開 | 16 view

ピーマンの苦味は切り方で抑える!子供でもペロリと食べれる方法と美味しいレシピ♡

ピーマンは切り方一つで味が変わる

Free photo: Paprika, Vegetables, Food, Market - Free Image on Pixabay - 537632 (98484)

ピーマンって青々しい色の見た目と口に含んだ時の香りや味から苦手という子供って多いですよね。せっかく作ったのに、ピーマンだけ残されるのも悲しいですし、栄養を考えて作っているからこそ、全部食べてもらいたいのがママの本音でしょう。しかしピーマンってどう味付けしても苦味が消えなくて、苦労しているのではないでしょうか?
実はそんなピーマン、切り方を注意するだけで苦味がぐっと抑えられるんです。ピーマンにも細胞があります。その細胞を壊さないように切ることで、苦味や触感を抑えることができ、子供でも難なく食べられるようになります。
また調理方法も、茹でたり電子レンジでチンするよりも油と一緒に炒める、揚げることで苦味が和らぐんです。こうした下ごしらえや調理方法を変えるだけでもペロリと食べられることがあります。まずはやってみて、ダメだったら次を考えるためにも挑戦してみましょう!

ピーマンの苦くない切り方は「縦」に切ること

Free photo: Peppers, Bell Pepper, Food, Healthy - Free Image on Pixabay - 445274 (98485)

ピーマンの苦味を抑える切り方は「縦」に切ることです。ピーマンの細胞は綺麗に縦に並んでいます。これを壊すと、苦味が出てしまい、子供が嫌いという結果になってしまうんですね。よくピザなんかは輪切りにしたピーマンが乗っていますが、この切り方はピーマンの細胞を壊してしまうので苦味が強くなってしまうので気をつけましょう。とはいっても、最初からピーマンは縦で切っているわ!というママもいるでしょう。そんなときは縦に切ったピーマンを一度油通しします。油通しとは、熱した油にさっとピーマンを通すことです。つまり素揚げに近い感じですね。
ピーマンの苦味成分は油に溶ける性質を持っているので、油にくぐらせることで苦味成分を逃がしてあげます。こうすることでピーマンの苦味が抜けて、子供でも食べやすくなります。しかしちょっと手間なんですよね。なら炒め物でいっしょに油で炒めてもいいじゃない、と思うんですが、苦味が染み出ている油をそのまま使うと他の食材にまでピーマンの苦味が移ってしまうことがあります。なので完全にピーマンを苦くしたくない!と思ったら油に通す方が子供も食べやすくなるんですよね。

縦と横の切り方でピーマンの食感も変わる

Free photo: Paprika, Red, Green, Orange - Free Image on Pixabay - 2271449 (98486)

ピーマン嫌いな子って、味がダメな子もいれば食感が嫌という子もいますよね。実はここが難しいところで、味も食感も嫌となると、やっぱり油通しして柔らかくしてあげる必要があるんですよね。それというのも、ピーマンの細胞は縦に入っています。これを崩すように切る(横に切る)と柔らかくなります。縦に切ると細胞を崩さないのでシャキシャキとした食感を残すことができます。つまり縦に切るとシャキシャキ感はあるけど苦くない、横に切ると柔らかいけど苦いといった子供のニーズにまったく答えてない状態になるんですよね。
なので食感も味も嫌だ!という子供には、多少面倒でも油通しをして食べやすくしてあげた方がいいでしょう。ですが、どちらかは我慢させて食べさせることも必要なので、油通しはさすがに時間がないというママは子どもに①苦味をとる②食感をとるかを判断させるのもいいでしょう。大人になれば自然と食べられるとも言いますが、やはり少しの試練は与えた方が子供も成長してくれるでしょう。

あまりにもピーマン嫌いならパプリカにしてあげよう

Free photo: Bell Peppers, Red, Green, Food - Free Image on Pixabay - 2708680 (98488)

ピーマンを縦に切っても、油通しをしても嫌い!嫌だ!という子供には、ちょっと家計には痛いですが、ピーマンではなくパプリカを使ってあげるのもひとつの方法です。パプリカもピーマンの仲間なので、最初は苦くないパプリカの食感から慣れてもらい、パプリカが食べられるようになったらピーマンを混ぜていく方法を取ればピーマン嫌いの子でもピーマンが食べられるようになります。またピーマンでも、赤く熟したピーマンを使うのもいいですね。赤いピーマンは熟して柔らかくなっているので、食感が嫌いという子でも食べることができます。
青ピーマンはまだまだ未成熟の状態で収穫されているものなので、成熟させることによって色が赤に変わり苦味も和らぎます。こうしたピーマンの選び方も一つの参考にするとママもストレスなく料理することができますよ。また最近では苦くない子供ピーマンというものも登場しているので、どんなピーマンもパプリカもだめだった!という場合には最終兵器として子供ピーマンを使うといいですよ。

これで子供もぺろり♡おいしいピーマンレシピ

Free photo: Food, Cook, Kitchen, Stir, Pan - Free Image on Pixabay - 2568486 (98490)

26 件