マイホーム検討中ですか?それならば高気密住宅はいかがですか?

人生の大きな買い物、マイホーム。建ててみたら不満がいっぱい、なんてことになったら悲しいですよね。せっかく家を建てるのなら満足のいくものにしたいものです。そこで高気密住宅はいかがでしょう。どんなに暑い夏でも寒い冬でも家の中は快適な空間を目指せますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/19 公開 | 112 view

マイホーム検討中ですか?それならば高気密住宅はいかがですか?

高気密住宅って?

Free photo: San Francisco, California, City - Free Image on Pixabay - 210230 (22211)

断熱材で家全体をすっぽりと覆って隙間が内容にして建てられている家のことを高気密・高断熱住宅と言います。
空気が逃げやすい窓などを歪みや結露の出やすいアルミサッシから、高気密住宅用に作られている樹脂のサッシにして外から寒い空気が入ってこないように、そして中の温かい空気を外に出さないように設計されています。
寒さが厳しい北海道で始まった工法が、現在全国に広まっているのです。

高気密住宅は、換気が肝心で、24時間換気システムを導入することが必須です。
高気密の家を建てる際には、間取りだけでなく、換気をどうするかについても住宅メーカーや工務店から詳しく説明をしてもらうと安心です。
きちんと気密された家は、換気システムを作動させていないと、ドアや窓が開きにくいというのが特徴です。

高気密住宅のメリット

Free photo: Large Home, Residential, House - Free Image on Pixabay - 389271 (22212)

できる限り快適な空間で生活したいのが本音ですよね。
高気密住宅には多くのメリットがあります。
メリットについてまとめてみました。

室内の温度差が少ない

建物全体を包んでいるので、室内の温かい空気が建物全体に広がり、それが高い気密性によって玄関や窓を開けない限り外から冷たい風が入ってくることはありません。
1階と2階や、リビングと廊下などの温度差が少なくなります。
そのため、キッチンだけ寒い!や、お風呂に行くのが憂鬱、などといったことが通常の工法の家よりも少なくなっています。
また、気温の差によっておこるシートショックなどのリスクを軽減できます。

省エネ

建物全体を包んでいるので、室内が外気温の影響を受けにくくなっています。
そのため、一旦室内が快適な温度になれば、あとは外気温が高かろうが低かろうが、室内は快適に過ごせます。
高い気密性のある高断熱住宅ですと、エアコンはつけっぱなしにしておくほうが経済的です。
エアコンは電源をオンにしてから設定温度になるまでにかなりの電力を使います。
高気密住宅は一度温まる/涼しくなると、一般の住宅のように外気温の影響を受けにくいため、室温が変化しにくいのが特徴です。そのため、連続してエアコンを運転させ、室温を一定に保つほうが電気代が安くなる場合があります。

結露しにくい

結露の原因は外気と室内の温度差と湿気です。
しかし高断熱住宅では建物の外側を断熱材で覆うため、外気温と室内の温度が少ないので結露ができにくくなっています。
さらに、高気密高断熱住宅には24時間換気システムが導入されているので、室内で発生した湿度は外へ行くため、湿気による結露も起こりにくくなっています。

高気密住宅のデメリット

Free photo: Hut, Ruin, Ireland - Free Image on Pixabay - 209466 (22213)

メリットがあればデメリットもあります。
高気密住宅のデメリットをまとめてみました。
40 件

関連する記事