ベランダ菜園でおうち時間を充実させよう!食育にぴったり!手軽に始められる野菜&ハーブ5選

ちょっとだけでもいいので、自分で食べられる食材を育ててみたい…!お庭はないけれど、家庭菜園を始めてみたいと思っている方はいませんか?そんな方におすすめなのが、”ベランダ菜園”です。ベランダという小さなスペースでもプランターを使えば簡単に家庭菜園ができますよ。今回はベランダ菜園のメリットと始めるために必要な道具、またベランダ菜園初心者でも簡単に育てられる野菜についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/04/11 公開 | 61 view

ベランダ菜園でおうち時間を充実させよう!食育にぴったり!手軽に始められる野菜&ハーブ5選

ベランダ菜園を始める3つのメリット

 (174321)

まずはベランダ菜園のメリットについて迫ってみましょう!

メリット1.省スペースで手軽にできる

ベランダ菜園の魅力は何より、小さなスペースで始められること。お庭がなくても、畑を作るスペースがなくても、小さなベランダさえあれば手軽にプランターを使って始めることができるのが魅力です。

また、今まで植物を育てる習慣がなかった方は水やりや草抜きなど大変だと感じる方も多いですが、手軽に出られるベランダで始められるのは、とても楽ですよ。特にベランダはマンションやアパートでも日当たりのいい場所に設置されている場合が多いので、植物を育てやすい環境とも言えますね。

メリット2.初心者でも簡単に始められる

畑などを作るとなると大きな労力がかかりますが、ベランダ菜園ならプランターで始められるので簡単。材料さえそろえれば、初心者でもすぐに始められますよ。

メリット3.子どもの食育にもつながる

普段はスーパーで食材を購入し、いつの間にかそれが調理されて食卓に並ぶ…ということが普通だとは思いますが、自分で食材を育てるという楽しさを子どもたちと一緒に味わうのも、メリットのひとつではないでしょうか。

日に日に大きくなる植物の変化を見ながら、しかも、育てたものを食べられる、食卓に並ぶという体験はかけがえのないもの。子どもにとっても身近なスペースであるベランダで、手軽に家庭菜園を楽しめるのはいいですよね。食材に愛着が湧いて、苦手だった食材も食べてくれるかも?!

(もちろん、ベランダが高い位置にある場合、転落の危険性などを考え、お子さんとは必ず一緒に出てくださいね。)

ベランダ菜園に必要なもの

 (174326)

では早速、ベランダ菜園に必要な道具を見ていきましょう!手軽にホームセンターやネットショッピングサイトで揃えられるものばかりですよ。

〈ベランダ菜園を始めるための道具〉

・プランター
まずはプランターを用意しましょう。プランターと一言で言っても、プラスティックのもの、木製のもの、焼き物などいろいろと種類がありますが、おすすめは軽いプラスティックのもの。軽いとお掃除のときや日当たりを考えてベランダ内を移動させるときに楽です。

・苗
種から育てる方法と、ある程度育った苗を買って育てる方法とありますが、初心者には苗から育てるのがおすすめです。失敗もしづらく、収穫までの期間が短いので、ベランダ菜園の楽しさを味わいやすいです。
 
・培養土
苗をプランターに植える際には土が必要ですよね。土を購入する時のおすすめは、野菜用の培養土です。最初からバランスよく肥料などが混ぜられており、土の配合などを考える必要がなくすぐに使えるのでおすすめです。

・じょうろ
水やりの際に必要なじょうろ。使いやすいものを選びましょう!

ベランダ菜園初心者にもおすすめの野菜5選

48 件