自動車保険の等級とは?事故と割引率の関係や気になる保険料への影響について!

子育てにも活躍してくれる車はとても便利です。万が一の事を考えて大半の方が任意の自動車保険に加入しています。テレビCMなどでよく聞く「等級」という言葉、聞いたことはあるけどよくわからないと思っていませんか?また、保険はよくわからないからパパに任せっきりなんてママはいませんか?そこで今回は自動車保険の「等級」について詳しくご紹介します。等級は保険料への影響も大きいので知っておいて損はないですし、保険料が安くなる方法もご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/10 公開 | 35 view

自動車保険の等級とは?事故と割引率の関係や気になる保険料への影響について!

そもそも自動車保険の等級とは?

Steering Wheel Seat - Free photo on Pixabay (149171)

自動車保険の等級とは?

等級とは事故の回数や内容によって定められた割引・割増制度のことを言います。自動車保険の保険料にかなり影響のある項目の1つです。
等級が高いほど保険料は安くなり、逆に等級が低いほど保険料は高くなります。保険料にも影響してくるので、なるべく等級を下げないよう事故を起こさずにカーライフを楽しみたいですね。

事故あり等級と事故なし等級について

現在の等級制度には事故あり等級と事故なし等級の2種類があります。事故を起こして保険を使用したら事故あり等級、保険を使っていないまたはノーカウント事故の場合は事故なし等級となります。
また、事故あり等級になってしまっても1等級ダウン事故であれば1年後、3等級ダウン事故であれば3年後には事故なし等級に戻ることができます。
事故あり等級と事故なし等級では、同じ20等級であったとしても事故あり20等級と事故なし20等級では割引率にかなりの差があります。
このように事故あり等級と事故なし制度を導入した背景として事故請求した保険金が不足してしまい、結果的に事故を起こしていない人の保険料からもその不足分を頂いている状況になってしまった為、保険料負担の公平性を図る意味でこの制度を導入しました。

事故と割引率の関係とは?

事故を起こしたりしてしまって保険を使った場合、ノーカウント事故(等級据え置き事故)か1等級ダウン事故か3等級ダウン事故のうちのいずれかに該当します。
ノーカウント事故とは等級に影響しない事故という分類になります。
1等級ダウン事故か3等級ダウン事故だった場合、等級は次回の保険更新時に反映され等級が下がってしまいます。

等級は最高何等級まであるの?

Car Volkswagen Old - Free photo on Pixabay (149168)

等級は最大で20等級

一般的に自動車保険の等級は20等級が最大です。20等級の場合、割引率も最大になりますので保険料がグッとやすくなります。
ただし、事故あり20等級と事故なし20等級では割引率も変わってきます。

共済保険は20等級以上ある商品も!

共済保険の場合、損保会社の販売する自動車保険とは違い20等級以上ある場合があり、そもそも損保会社の販売している自動車保険とは異なります。
また、共済保険の種類によっては損保会社が販売する自動車保険への切り替えが出来ない場合もありますので注意してください。

等級が上がると保険料はどのくらい変わるの?

48 件