「節分の日にどうして豆まきするの?」子供に伝えたい節分の由来 (page 2)

節分とは「豆まきをする」というイメージがありますが、この節分にはどんな意味があるのかご存知ですか?子供に「節分」の意味をきちんと伝えたいけれどどんな風に伝えたらよいか分からない…今回はそんなあなたに詳しく分かる、節分についての由来や過ごし方、豆まきを子供と一緒に楽しくする方法などをご紹介したいと思います☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/31 公開 | 149 view

「節分の日にどうして豆まきするの?」子供に伝えたい節分の由来
 (28138)

恵方巻を食べる時は、神様のいる恵方の方向をむいて食べます。この時に注意してほしいことは、よそ見をしない事です。神様が居る方向だけを見て、食べましょう。そうでないと、ご利益を得ることが出来ないかも…きちんと恵方を向いて、食べて下さい。

恵方巻ルールその2 おしゃべり禁止!黙って食べましょう

 (28140)

恵方巻を食べる時は、最後までしゃべらずに黙って食べましょう。しゃべってしまうと、運が逃げてしまうそうですよ。最後までしゃべらずに、心の中でその年の願い事をしながら黙々と食べて下さい。

恵方巻ルールその3 一本丸ごとかぶりついて一気に食べましょう

 (28141)

恵方巻は長く巻かれた海苔巻き寿司1本で売られています。食べやすいように切り分けたくなるところですが、それは恵方巻ルールではNG作法です。

恵方巻を切ってしまうと、「縁を切る」といった意味合いになってしまうため、あまり縁起の良い事ではありません。恵方巻は、1本まるごとかぶりついていただくのが良いとされていますので、一気にいただきましょう。

手作りアイテムで節分を盛り上げよう☆

 (28142)

節分などのイベントでは使うアイテムを手作りすることで、子供はイベントに対して期待感が高まり、興味を持つことにも繋がります。子供と一緒に手作りをして節分を思い切り楽しんじゃいましょう☆

廃材でつくろう!自分だけの鬼のお面☆

 (28143)

お家から出るトイレットペーパーの芯や空き箱などの廃材を使って自分だけのオリジナル感あふれる鬼のお面を作っちゃいましょう☆
46 件