子供のしつけにおける永遠のテーマ「叱る」と「怒る」の違いは?叱る時に気をつけたい6つのこと

子供のしつけにおける、「怒る」「叱る」という行為。似ているようで、実は子供の受け取り方は全然違うんです!効率よく、子供のしつけをしたいなら、怒るより叱る方が良いって知っていましたか?今回は、「怒る」と「叱る」の違いから、叱る時に気をつけたいポイントについてご紹介します。子供のしつけに悩むママさん、必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/05 公開 | 266 view

子供のしつけにおける永遠のテーマ「叱る」と「怒る」の違いは?叱る時に気をつけたい6つのこと

子供のしつけにおける悩みNo.1「怒り方」「叱り方」

Free photo: Warning, Angry, Be Careful, Finger - Free Image on Pixabay - 2284170 (77578)

子供のしつけに関するお悩みと言えば、やはり「叱り方」「怒り方」ですよね。子育てにおける永遠のテーマと言っても良いほど、多くのママが悩んでいる問題です。

子供のしつけには、切っても切れない「怒る」「叱る」といった行為。しかし、使い方を間違えると、今後の子供の成長に大きな影響を与えてしまう恐れもあるんです。今回は、そんな「怒る」「叱る」をテーマに、子供のしつけ方を考えていきましょう。

子供を「怒る」「叱る」の違いは?

Free illustration: Question, Who, How, What, Where - Free Image on Pixabay - 2415065 (77579)

では、そもそも、子供を「怒る」ことと、「叱る」ことは何が違うのでしょうか?一見、同じように見えるものでも、実は子育てにおいては大きな違いがあるんです。詳しく見ていきましょう。

◆「怒る」は大人の都合

Free photo: Punch, Fist, Hand, Strength - Free Image on Pixabay - 316605 (77586)

「怒る」とは、子供がなかなか言うことを聞いてくれず、イライラするなどの感情をぶつけて、うっぷんを晴らす行為。つまり、『自分のための行為』であります。

思わず、ワガママを言う我が子に対して怒鳴りつけたり、恐怖心を与えるようなことはしていませんか?これは、「しつけ」ではなく、単なる『怒り』で、ママのイライラを発散しているだけに過ぎません。

いくら怒っても、子供にとっては「ママが怒鳴ってる」としか伝わらず、怒られている理由が分かりにくいことが多いので、また同じことを繰り返してしまうことがあります。

◆「叱る」は子供のため

Free photo: Aggressive, Aggressive Child, Child - Free Image on Pixabay - 1748701 (77588)

「叱る」は、ママが理性を保ちながら、「言い聞かせる」という行為。子供のために「何がいけなかったのか?」「何故叱られているのか?」を明確に、順を追って説明してあげるのです。

そのため、子供も、冷静に事態を受け止めることが出来、「考える力」も育っていきます。何故やってはいけなかったのか?を理解することで、同じ失敗を繰り返さなくなります。

【動画で解説】しつけ方の違いで子供の育ち方も変わる!

Les enfants voient. Les enfants apprennent. Message d'intérêt public (CSCL01-F)

こちらの動画を見ると、「怒る」と「叱る」の違いがとても分かりやすいですよね。壁に落書きしてしまった男の子に対し、お父さんが怒鳴りつけますが、男の子は、それと同じことを、友達にしてしまいます。

怒られている理由よりも、「怒鳴られた」ことの方が印象強くなり、人に注意するときは、こんなふうに怒鳴るものだと思ってしまうのです。一方、壁に絵を描いたらいけないんだよという事を説明してあげ、「何故そうしたかったのか?」と、子供の意見を聞き出す叱り方をした場合は、子供自身も冷静に事態を捉えることが出来、問題を解決する方法を身につけるようになります。すると、友達に対しても、そのように接することが出来るようになるのです。
62 件