【赤ちゃんの体重】増えない!?減ってる!?月齢別の原因と対策をわかりやすく解説!

赤ちゃんの体重についての悩みは尽きないものです。増えなかったり、減ってしまったりしたら本当に心配なものです。体重増減の原因と対策をまとめてみました。赤ちゃんの月齢別の原因と対策も参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/17 公開 | 263 view

【赤ちゃんの体重】増えない!?減ってる!?月齢別の原因と対策をわかりやすく解説!

赤ちゃんの体重のことで悩むママは多い

 (112745)

赤ちゃんがどれだけ成長しているのかバロメーターとなる体重が増えなかったり減ってしまったり、悩んでいるママはとても多いです。
赤ちゃんの体重についてです。出産時は2580グラムでした。
今生後3ヶ月5キロぐらいしかありません。
混合でしたが最近までミルクを全然飲まなくて心配になり子育て支援センターに電
話したら母乳が出てるのかもしれないから飲もうとしたときだけあげれば良いと言われそうしてました。
その時も5キロでした。昨日計ったら5キロ2週間前から変わってなくて急に不安に襲われてしまいました。
元気に動き、良く笑い、寝ています。
最近になりミルクを嫌がらなくなったので、あげてます。
でも、100以上は飲みません。まれにあるぐらいです。
明日には子育て支援センター、もしくは小児科で相談した方が良いか
同じような事があった方お答いただけたら幸いです。

よろしくお願い致します。
こんな風に悩んでいるママの質問やツイートは本当にたくさん見つかります。元気ですくすく育ってほしいと願えばこその悩みですよね。

赤ちゃんの体重が増えなかったり減ってしまったりする原因と対策を探ってみます。そして、月齢別の原因と対策もまとめてみますので参考になればと思います。

赤ちゃんの体重が増えない原因

 (112533)

赤ちゃんの体重が増えなかったり、減っていたりすると本当に心配になります。主な原因としていくつかあげてみます。

*母乳やミルクや足りていない
*エネルギーの消費量が多い
*身長が伸びている時期

おもな原因としてはこのようなことがいえます。

おっぱいを吸うのが下手な赤ちゃんもいますし、母乳がたくさん出ないという場合もあります。哺乳瓶の乳首をうまく吸えない(乳首のサイズが適正でない)、ミルクの量の調整がうまくできていないなど、さまざまな理由から栄養不足となっている場合には、体重が増えていかないということがあります。

栄養に対して、赤ちゃんのエネルギー消費の方が多い場合は体重は増えていきません。室温が低い場合は体温を保とうとエネルギーを消費しますし、赤ちゃんがカラダを動かしてエネルギーを消費してしまっていることもあります。

赤ちゃんは体重が増える時期と身長が伸びる時期を交互に繰り返して成長していきます。体重が増えていない間に、身長の方が伸びているのかもしれません。

赤ちゃんの体重が減ってしまう原因

 (112534)

赤ちゃんの体重が増えない原因にもあげた母乳やミルクが足りていない(栄養不足)の状態は減少する原因にも当てはまります。それに関連する赤ちゃんの体重が減ってしまう原因として考えられるものをご紹介します。

*吐き戻しによって栄養がしっかり吸収できていない
*よく寝ていて授乳回数が少ない

赤ちゃんの胃は発達が十分でなく、縦にまっすぐな状態です。この状態は母乳やミルクを逆流させてしまいやすい状態といわれています。
母乳やミルクを飲みすぎてしまうと、口から垂れるように出てくることがあります。乳白色や透明など唾液が垂れているものは、母乳やミルク、胃液や唾液なので心配することはないです。

しかし、噴水のように吐き戻したときは注意が必要です。生後3週間以降で決まって授乳から5分以内に噴水のように吐き戻す場合は【幽門狭窄症】の可能性があるそうです。また、赤ちゃんの吐き戻したものが緑色だった場合は【小腸狭窄症】の可能性があるそうです。

吐き方が気になる、吐き戻したものの色が気になる、体重が増えない減っているというときにはすぐに小児科を受診してください。

『寝ている赤ちゃんを起こしてまで授乳するのはかわいそう』と感じるママもいることでしょう。せっかく寝ているからと起こさずに授乳回数が減って栄養不足となった場合には体重は増えませんし、減ってしまうこともあります。
新生児期でいうと、授乳回数は母乳で1日8回~12回、ミルクで1日7回~8回ほどのとされています。体重が順調に増えているときは授乳回数が減っていても問題ありませんが、体重が増えない・減っているという場合は、赤ちゃんを起こして授乳するようにしましょう。

続いては、月齢別の原因と対策をみていきましょう。

赤ちゃんの体重が増減する原因と対策◇新生児期

 (112535)

生まれたばかりの赤ちゃん、ちょうど出産・産後の入院期間くらいの間に体重が減ります。これは生理的体重減少といわれ、普通のことなので気にしすぎないようにしましょう。
カラダに取り入れた栄養(母乳やミルク)よりも、排泄するものの方が多いことが原因で起こるとされています。
たいていは1週間から2週間くらいで出生体重くらいに戻るとされています。

わたしのこどもたち2人も出生体重よりも100g前後減って退院しましたがすぐに戻ったという経験があります。

この時期の赤ちゃんは1日18g~30g増加するとされています。体重増加がそれよりも下回っている場合であっても、おしっこやうんちなど排泄がしっかりできていて、赤ちゃんがご機嫌であればしっかりと飲めている状態といえます。おしっこでいえば1日で7回前後出ていて赤ちゃんが元気なら体重増加が少なくても心配しなくてもいいようです。
心配なときは1ヶ月健診のときに相談してみるといいでしょう。

1週間での体重増加が70g以下となった場合はなんらかの対策が必要な場合もあります。そのような場合は、母乳外来を受診するなどして適切な栄養状態にするためのアドバイスを受ける必要があるでしょう。

赤ちゃんの体重が増減する原因と対策◇生後1ヶ月~4ヶ月

35 件