夏の疲れ肌を6つの対策でリセット!疲れを秋に持ち越さない簡単ケアや肌映えコーデをご紹介

夏は外に出ると強い紫外線、高い温度に湿度。室内ではエアコンによる冷気や乾燥気味の空気。肌への大敵も多い季節ですが、室内外のギャップも刺激となり、肌が疲れてしまうことが多いんです。そんな夏の疲れ肌は放っておくと、肌老化の原因に。肌がくすんで見える、シワが増えた…と感じるのは、疲れ肌ケアを怠っていたせいかもしれませんよ。肌疲れを秋に持ち越さないためにはどうすればいいのでしょうか。今回は秋に後悔したくない方のために、夏の疲れ肌リセット対策を6つご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/08/19 公開 | 198 view

夏の疲れ肌を6つの対策でリセット!疲れを秋に持ち越さない簡単ケアや肌映えコーデをご紹介

見た目年齢が3歳も上がる?!夏の疲れ肌の原因とは?

 (183978)

夏は肌へ多くの刺激がある季節。その刺激から受けるダメージは、肌の本来のバリア機能を失わせ、肌を知らず知らずのうちに疲れさせます。

この夏の肌疲れの怖いところは、肌の老化に大きな影響があるということ。肌疲れの蓄積が肌荒れ、くすみやたるみ、シミシワを作り、それが新陳代謝の関係で秋ごろに急に目立ち始めるのです。これらにより、秋の見た目の年齢は普段よりも一気に+3歳も上がるとも言われることも。

具体的に夏のどのような原因が、肌を疲れさせてしまうのか見ていきましょう。

原因①夏の紫外線による肌疲れ

 (184003)

夏のお肌の大敵と言えば、一番に思いつく人も多いのが紫外線
もちろん対策を行っている人も多いと思いますが、紫外線はおうちの中にいても肌へ影響します。どれだけ気を付けていても、完璧に避けるのは難しいのです。

肌に届く紫外線には次の2種類あります。

・UVA
太陽から肌まで届く紫外線の約9割が、このUVA。肌の奥の真皮まで届いて肌へダメージを与えます。そしてそのダメージが蓄積すると、お肌の弾力やハリが失われ、顔のたるみにより疲れ肌を起こします。

・UVB
残りの1割がUVBという紫外線で、真皮には届かないものの、肌の表面の表皮に強力なダメージを与えます。日焼けもこのUVBによるもの。色素沈着しやすく、シミやそばかすの原因となる紫外線です。

また、これらの紫外線は、少量であっても繰り返し浴びることで、肌のバリア機能を低下させます。バリア機能がなくなると乾燥や大気汚染のダメージをさらに受けやすくなるのです。そして、これらの影響が出やすいのが秋

肌の新陳代謝により、蓄積されたダメージが秋になって表面に出てくるため、一気に肌が老けて見えやすいと言われているのです。

原因②夏の乾燥による肌疲れ

夏は汗の影響で肌が湿っているから「乾燥とは無縁」というイメージを持っている方はいませんか?私もそうだったのですが、夏は実は肌乾燥が多い季節とのこと。

汗をかいたときに十分に水分補給をしてなかったり、室内のエアコンなどの影響により、意外と乾燥のダメージを受けやすいんです。また、先ほどの紫外線の影響も、肌が乾燥する一因に。

これらの乾燥によるダメージが、肌疲れを一気に促進していきます。

原因③夏の室内外の気温差による自律神経の乱れ

 (183980)

夏の室内外の気温差、つらいですよね。私も気温差で立ち眩みのような症状を起こすことがよくあるのですが、この原因は自律神経の不調。自律神経とは、内臓や血管などの作用をコントロールする神経で、体調の肝なんです。

夏バテはこの自律神経の不調によるものなのですが、実はお肌もこの自律神経の不調によって夏バテをしてしまうことがあるのです。そしてこの肌の夏バテは肌の生まれ変わりであるターンオーバーを狂わせてしまいます。

夏の疲れ肌対策#1.日焼け後のケアをしっかり

 (184000)

夏はさまざまな原因により、肌がダメージを受けやすいことが分かりましたが、そのダメージを後に残さないためには、疲れ肌対策をしっかりと行い、疲れをリセットしてあげることが重要です。

まずは紫外線によるダメージへの対策をご紹介していきます。先述したように、紫外線による影響は完全に防ぐことは難しいですよね。しかし、その後のケアをきちんと行うことで、紫外線の影響を最小限に抑えることができるんですよ。
66 件