子供の喪服が急に必要になった!法事や葬式はどんな服装で参列するのがマナー?

法事や葬式で着用する喪服。大人の場合は礼服を着るのが一般的ですが、子供はどんな服装をさせたらいいのか悩みます。いざという時困らないように、赤ちゃん~高校生まで、子供の喪服のマナーを押さえておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/06/04 公開 | 44 view

子供の喪服が急に必要になった!法事や葬式はどんな服装で参列するのがマナー?

子どもの喪服 どうするのがマナー?

 (118820)

近しい親族のお葬式やお通夜、法要で子供も参列する際、子どもにはどんな服装をさせたらいいのか分からず悩んでしまいますね。

大人なら喪服を用意しますが、喪服は購入すると高価です。そもそも、子供用の喪服は、売り場ではほとんど見かけませんよね。すぐに成長する子供に、着る機会が限られる喪服は用意しなければならないのでしょうか?

突然、子供も一緒に法要に参加しなければならなくなった時に慌てないよう、子供の喪服のマナーについて確認しておきましょう。

子供の喪服~赤ちゃんの場合~

 (118824)

まずは赤ちゃんの服装から押さえておきましょう。とは言っても赤ちゃんの場合、よほど近しい親族の法要でなければ連れていかないのがマナーです。しかし、参加が必要になることもあるでしょう。

赤ちゃんの喪服は、販売されていません。なので、ロンパースであれば黒色を選ぶとか、首が座っているようなら黒色や紺色のワンピースやカーディガン、パンツ、白色のシャツやポロシャツなどを着せてあげるのがいいかと思います。

とはいえ、黒色のロンパースはネットでは見かけることはあっても、店頭ではほとんど販売されていません。小さな赤ちゃんの場合は用意が難しいという事情もあるので、着るものにはそこまでこだわらなくても大丈夫です。

白やベージュ、薄い水色、紺色を基調としたロンパースや衣服を着せてあげましょう。多少はかわいらしいものでも大丈夫ですが、あまり派手なピンクや赤、ドット柄、チェック柄、大きなロゴが入ったような服はNGです。

気を付けたい!喪服以外の赤ちゃん参列の注意点

赤ちゃんは服に気を使うよりも、泣いたりした時の対処法を考えておく方が大事です。法要が始まる前に授乳やオムツ替えを済ませておくのはもちろん、もし泣いたときには会場からスムーズに出られる位置にいるようにして下さい。近しい親族であれば、入り口から遠い親族席に座ることになるかもしれませんが、その中でも端の方に座らせてもらうとか、可能なら親族席ではなく入り口に近いところで参列させてもらうのがいいでしょう。

また、気管が未熟な赤ちゃんは、お線香の煙で咳が出たり苦しくなったりすることもあります。長時間会場にいるのは避け、出来れば法要が終わったら早めに別室に移動させてもらいましょう。

子供の喪服~幼児や小学生の場合~

 (118825)

80cm以上になると、子供用の喪服は販売しています。値段も5,000円~15,000円くらいで購入できるので、大人のものに比べると用意はしやすいかと思います。

とはいえ、成長期の子供ですから、せっかく喪服を用意してもすぐにサイズアウトして着られなくなってしまうことも考えられます。

幼児や小学生の場合、必ずしも喪服は必要ではありません。赤ちゃんの喪服でも紹介しましたが、黒や紺を基調としたワンピースやカーディガン、パンツ、白色のシャツやポロシャツなどで代用しても大丈夫です。

注意する点としては、パーカーやジーンズなどカジュアルな格好は避けるようにしましょう。また、地味な色を基調とした服でも、ボタンがキラキラしていたり、素材が皮やナイロン製のものは法要の場には適しません。

子供の喪服はどこで購入する?

子供の喪服は、百貨店の子供服売り場で取り扱っていることがあります。実物を見て購入したいという場合や、すぐにでも必要という場合は、足を運んでみましょう。もしくは、ネット通販でも多く取り扱っているので見てみましょう。
45 件