鬼のお面を子どもと一緒に作って楽しもう!節分をより楽しめるアイデア工作まとめ

節分には豆まきをしますか?ただ豆まきをしたり、豆を食べたりするのもいいですが、鬼のお面をかぶって豆まきをするとイベントも盛り上がりますよ。そんな鬼のお面を今年は子どもと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?怖いお面でなくても、かわいいお面、かっこいいお面、カラフルなお面など個性あふれるお面を作れば、楽しい思い出に残ること間違いなし!今回はそんな鬼のお面の作り方をご紹介します。豆まきだけでなく、工作も子どもと一緒に楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/12/26 公開 | 275 view

鬼のお面を子どもと一緒に作って楽しもう!節分をより楽しめるアイデア工作まとめ

節分が近づいたら鬼のお面を作ってみよう!

 (168853)

節分といえば豆まき!ですよね。2月が近づくと、保育園、児童館や支援センターなどのイベントでも、鬼のお面を作ろう!というイベントも多くなってくることでしょう。

イベントで一緒に作るのもいいですが、おうちでママと一緒に作るのもきっと楽しいですよ。今回は1歳くらいの子から楽しく簡単に作れるお面から、パパと本気で作りたいママ向けに本格的なお面まで、作り方を動画でご紹介します。そのお面をつけて豆まきすれば、豆まきがもっと楽しくなること間違いなし!

子どもと一緒に作るときは、ハサミやカッターなどの取り扱いに気を付けながら、作ってみてくださいね!

鬼のお面の作り方#1.ぬりえをしながら楽しめるお面

節分鬼のお面の作り方、簡単に画用紙で塗り絵!

ハサミを使ったり、テープではったり…という作業は0~1歳の赤ちゃんには難しいですが、クレヨンなどで色塗りならできる!という子も多いのでは?そんな子にはぬりえを楽しめる鬼のお面づくりがおすすめです。

お面は下記のサイトからダウンロードできますよ。少し厚めの紙に印刷してあげましょう。上手に塗れなくても、それがまた味としてかわいい思い出になることもあります。塗れたら切り取ってあげましょう。頭に被れるよう、バンドに輪ゴムを付けたら完成です。

鬼のお面の作り方#2.紙皿で作る簡単お面

鬼のお面節分製作【子どもが作る保育園製作】BABYJOB

白い紙皿を使って作る鬼のお面も簡単です。100均などでも手に入る白い紙皿に、クレヨンなどで色をぬりぬり。画用紙などで角を付け、毛糸で髪をつければ完成です。

お面としてつけるなら、目のところをカッターなどでくりぬき、耳の輪ゴムをつけてあげるといいですね。手軽にそろう材料だけで作れるのが魅力のお面です。

鬼のお面の作り方#3.紙袋を使った被れるお面

【参加無料】2017年1月15日 節分先取り!鬼のお面づくり体験

紙袋を使っても鬼のお面づくりは可能です。しかもそのまま頭に被れるので、耳につける輪ゴムは不要!紙袋に絵を描くのもいいですし、シールを貼ったり、髪の毛として毛糸を貼ったり。リボンをつけているのもおしゃれですね。

目や口のところをくりぬいてみるのもいいでしょう。ただし、くりぬくのは危ないのでママがやってあげましょう。他は自由にデザインさせてあげるといいですね。

鬼のお面の作り方#4.折り紙で簡単に作れるお面

37 件