「子育て支援」って何?「知らなきゃ絶対に損」な支援とは?

平成27年4月に「子ども・子育て支援新制度」というものがスタートしたことを知っていますか?子どものいる家庭にとても関係のある制度で、知らなきゃ損の情報もたくさん。この制度を利用し、子育てをもっと楽しみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/17 公開 | 463 view

「子育て支援」って何?「知らなきゃ絶対に損」な支援とは?

子育て支援って何

Free photo: Mother, Child, Carrier, Sling - Free Image on Pixabay - 1078807 (10072)

子育て支援とは私たちが住んでいる市区町村が中心となり、子育て家庭に多様な支援を呼びかけることです。

「子どもは欲しいけど、仕事との両立が心配。」
「育児にかかる費用が負担となっている。」
「悩みを誰に相談していいか分からない。」

など、子育てに不安や悩みを抱えている方に、保育所や子育てサークルの紹介、保育料の軽減など、家庭の状況やニーズに合わせた支援をしてくれる制度です。
次代の社会を担う子ども一人ひとりの育ちを社会全体で応援するため、子育てにかかる経済的負担の軽減や安心して子育てができる環境整備のための施策など、総合的な子ども・子育て支援を推進しています。
日本では現在出生率がとても低く、少子化は進む一方です。
その対策として建てられたのがこの法案。
核家族化が進む中、子育ては親だけがするものではなく、地域全体で子育て家庭を支えようという目標の元、作られました。

働くママにオススメの支援

Free photo: Baby, Boy, Child, Childhood - Free Image on Pixabay - 84626 (10089)

この子育て支援制度は働くママにとても便利な支援制度なんです。

働くママにとって、今は「待機児童問題」が大きくて深刻な問題ですね。
私の周りでも保育園に落ちた、兄弟のうち1人だけが受かった・・・など待機児童状態になり、働けなくなったママ友がいます。

この制度では、日中保育できない子どもを預かってくれる保育所、小学生には放課後教室を増やそうという取り組みが行われています。
また保育所等自体の質に関しても、保育所職員の処遇や職員配置の改善をすることにより高めていこうとしています。

認定こども園や地域型保育も

Free photo: Child, Boy, Toddler, Preschooler - Free Image on Pixabay - 1522870 (10860)

他にも従来の保育園と幼稚園の機能や特長を組み合わせた「認定こども園」や、2歳までの赤ちゃんを少人数で保育する「地域型保育」の制度もスタートしています。

地域型保育とは、6人以上19人以下の小規模保育や5人以下の家庭的保育などのこと。
そちらの施設にも従来なかった「地域型保育給付」をすることにより、少しでも待機児童を減らし、保護者にもさまざまな保育の仕方の選択ができるように、という取り組みもされています。

「働きたい」と思った時に、すぐ子どもを預かってくれるところを見つけられれば、安心しますよね。
子育てのために仕事を諦める女性も、少しは減ることでしょう。

お金の支援はとても助かる!

Free photo: Euro, Seem, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 870757 (10091)

子ども一人育てるには、最低でも1000万円はかかると言われています。
そんな子育て費用の負担を少しでも少なくしてくれると助かりますよね。

その支援として、保育料を保護者の所得に応じて決まるというものがあります。
また子どもの数にも応じて、保育料が2人目は半額、3人目以降は無料になるなどの軽減する支援も。

我が家も子どもが2人いますが、2人目の保育料が半額というのはとても助かっています。

少子化が進む中、このような制度は嬉しいですね。

他にも、子育て支援カードで節約するという方法も。子育て支援カードがあれば、買い物やレジャーがお得に利用できるので、使わないともったいないですよ!まだ子育てカードを手に入れてない方は、こちらの記事を参考にして、お得なカードを手に入れてみてくださいね。
52 件

関連する記事